« ■緊急出版『子どもたちを戦場に送らない勇気』ミニ講演会のご案内 | トップページ | ■節子への挽歌3219:湯島にいると世界の変化が見えないのかもしれません »

2016/06/30

■節子への挽歌3218:「それでも明日になれば太陽が昇ってくる」

節子
とんでもない状況に陥ってしまいました。
いろんなことをやっているうちに、どうもまた、自分のキャパシティを超えてしまったようです。
節子がいた頃から、時々やってしまっていたことですが。
いつものように、「それでも明日になれば太陽が昇ってくる」と開き直るしかありません。
困ったものです。

しかし、明日になって昇ってくるのは太陽だけではありません。
いま抱えている課題もまた、「成長」してのしかかってくるわけです。
さてさてどうするか。
と書いている間にも、いろんな電話がかかってきたり、メールが届いたりします。
今日もまたハードな1日になりそうです。

でもまあ、「それでも明日になれば太陽が昇ってくる」。
そしていつか、朝日が昇らない世界へと行けるでしょう。
いやはや、現世は疲れます。

|

« ■緊急出版『子どもたちを戦場に送らない勇気』ミニ講演会のご案内 | トップページ | ■節子への挽歌3219:湯島にいると世界の変化が見えないのかもしれません »

妻への挽歌17」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌3218:「それでも明日になれば太陽が昇ってくる」:

« ■緊急出版『子どもたちを戦場に送らない勇気』ミニ講演会のご案内 | トップページ | ■節子への挽歌3219:湯島にいると世界の変化が見えないのかもしれません »