« ■節子への挽歌3200:苦があるから楽があり、楽があるから苦がある。 | トップページ | ■惨めな舛添さんよりも権力に寄生した佐々木弁護士こそ糾弾されるべきではないか »

2016/06/08

■節子への挽歌3201:穴のあいた背広

節子
出かける時はそうでもなかったのですが、夏のように暑くなってきました。
今日はめずらしく背広を着て湯島に来ました。
最近は背広を着るのは月に1回程度です。
節子がいなくなってから、背広はつくっていませんので、もう10年以上前のものしかありません。
今日、しばらく着ていなかった背広を着ようと思ったら、虫に食べられた穴が背中に開いていました。
手入れなどしておらず、着たものはクリーニングに出してもらっていますが、着ないものはまあいいかと放ってあるのです。
でもまあ小さな穴だから誰も気づかないでしょう。
着替えるのが面倒なので、そのままそれで着て、出てきてしまいました。

今日はビジネススクールで話をすることになっていますが、後ろを見せないようにしなければいけません。
しかし、話しながら教室を歩いてしまうかもしれないので、要注意です。
虫に食われた背広を着ている講師の話は、説得力がないでしょうね。
さて、どうなるか。

妻がいなくなると、身の回りの世話をしてくれる人がいなくなるので、身なりが一変する人がいますが、幸か不幸か、私はたぶんそう大きくは変わっていないでしょう。
それは節子も、そうしたことに比較的無頓着だったからです。
しかし、そうはいっても、私自身は気づいていないところで、みっともない状況になっている可能性はかなりあります。
なぜなら誰も注意してくれないからです。
娘が時々、手厳しく注意することもありますが、たぶん諦めているでしょう。
服装には全くと言っていいほど興味がないのです。

とはいうものの、こだわっていることはあります。
自分が着る服に、ブランドマークや文字が入っているのは、だめなのです。
自分の身体を広告媒体にすることは、生理的に受け付けないのです。
シャツを買う時も、マークが入っているとだめなのです。
だから私が着るカジュアルウァアを見つけるのは、それなりに難しくて、節子は苦労していました。
そんなわけで、私の着る衣服は、いま払底していて、今日は何を着ればいいか困ることが多いのです。
ですから、いつも同じようなTシャツばかり着ているのです。

年齢のことも考えて、それなりにきちんとした服を着るようにといっていた節子も娘も、結局はあきらめました。
たぶん死ぬまで、良いものを着ることなく、終わりそうです。
さて、そろそろ出かけましょう。

|

« ■節子への挽歌3200:苦があるから楽があり、楽があるから苦がある。 | トップページ | ■惨めな舛添さんよりも権力に寄生した佐々木弁護士こそ糾弾されるべきではないか »

妻への挽歌17」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌3201:穴のあいた背広:

« ■節子への挽歌3200:苦があるから楽があり、楽があるから苦がある。 | トップページ | ■惨めな舛添さんよりも権力に寄生した佐々木弁護士こそ糾弾されるべきではないか »