« ■節子への挽歌3228:3人夫婦 | トップページ | ■節子への挽歌3229:千日会の季節 »

2016/07/11

■参議院選挙結果に思うこと

参議院選挙は結局、国民の敗北で終わった気がします。
イギリスのEU離脱を問う国民投票と同じ結果です。
それでもイギリスは、終わった後の結果が明確だったので国民は自らがやってしまったことに気づきました。
しかし残念ながら日本ではそれさえ起きませんでした。

公明党は勝利し、民進党は敗北しましたが、自民党は複雑です。
共産党がもう少し伸びると思っていましたが、意外と伸びませんでした。
民進党も、私の予想よりは頑張りましたが。
いずれにしろ結果は日本の政治状況が大きく変わってしまったということです。
憲法が操作の対象になる時代がやってきたということです。
私たちは、先の戦争体験で得たものを未来に残せなかったわけです。
結局、日本人はお金に負けてしまったのでしょう。
悲しい気がします。

今回の選挙には、しかし元気づけられることもいくつかあります。
例えば沖縄です。
生活している人たちが自分の問題を的確に捉えて当事者として動き出せば、お上の意向に立ち向かえることを示しました。
沖縄の人たちは、大地やいのちに根づいた自分たちの物語を創りだしたのです。
昨年国会でデモをした若者やママの会の人たちの物語とは全く違います。
大切なのは、他者を変えようとすることではなく、みずからが変わること。
いまはまだ、政権や報道が創りだす、虚実の物語の力が大きいですが、生活に根づいた物語を生み出す力がよみがえってきた。
与えられた物語に唯々諾々と従ったり、利用するのではなく、自らの物語を軸に、自分たち「みんなの物語」を創りだす動きが広がりだしました。
抗議するデモではなく、提案するデモが始まった。
社会を構成する一人ひとりが自らの物語を語りだせば、社会は豊かになる。
貧しい為政者のもとで、豊かな生活を過ごしていたであろう江戸の町民たちや地方の百姓たちを見習いたいです。

沖縄だけではありません。
注意して見れば、新しい兆しはいろいろ感じられます。
がっかりした、失望した、というメールや電話が多いのですが、何に、あるいは誰に失望し、誰を怒っているのでしょうか。
その対象は、みずからであるべきです。
世界を変えるのは自分でしかありません。
それに取り組まないのであれば、安倍首相に依存するしかないでしょう。

友人のメールや電話で、私は選挙結果以上にがっかりしています。
いまの状況が気にいらないのであれば、動き出さねばいけません。
今日は最悪の気分です。
一部の方には、電話で失礼があったと思いますが、お許しください。

|

« ■節子への挽歌3228:3人夫婦 | トップページ | ■節子への挽歌3229:千日会の季節 »

政治時評」カテゴリの記事

コメント

そうなんだね。改憲勢力が伸びた事は国民の負けか。
野党統一に大いに期待していたのだが。残念だが、平和と暮らしを守る次のステージへ気を取り直して踏み出そう!

投稿: キタヤ | 2016/07/11 19:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/63900866

この記事へのトラックバック一覧です: ■参議院選挙結果に思うこと:

« ■節子への挽歌3228:3人夫婦 | トップページ | ■節子への挽歌3229:千日会の季節 »