« ■節子への挽歌3220:弱い人と強い人 | トップページ | ■カフェサロン「新聞折り込み広告などをつかった遊具づくり」の報告 »

2016/07/03

■節子への挽歌3221:いいことがありそうな朝

節子
昨夜は奇妙な夢ばかり見ていましたが、目が覚めたら、とてもさわやかな朝です。
その上、今朝はうれしいメールが入っていました。
良いことがありそうな1日です。

今日は、朝から夜まで、湯島でいろんな人と出会います。
時間があれば、畑に行こうと思いましたが、昨夜はあまり眠れなかったので、起きるのがちょっと遅れてしまいました。
畑は明日までお預けです。
ひどい状況になってしまっていますが、仕方がありません。

それにしても今日はなにかとても明るい気分になれる朝です。
悩ましい問題を、山のように抱えているのですが、不思議なほど、明るい気分です。
なぜでしょうか。

昨夜の夢は正確には覚えていませんが、夢が元気を与えてくれたのかもしれません。
思い出せることには、何もいいことは入っていないのですが。

久しぶりにホームページの更新を日曜日の朝に行えました。
最近は翌日になることが多かったのですが。
もっとも更新内容は少し省略してしまったのですが。

今日を契機に、生活のリズムを回復できればと思っています。
お墓にも行けるといいのですが。

|

« ■節子への挽歌3220:弱い人と強い人 | トップページ | ■カフェサロン「新聞折り込み広告などをつかった遊具づくり」の報告 »

妻への挽歌17」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌3221:いいことがありそうな朝:

« ■節子への挽歌3220:弱い人と強い人 | トップページ | ■カフェサロン「新聞折り込み広告などをつかった遊具づくり」の報告 »