« ■日本はすでにこれまでとは違う道を歩みだしている | トップページ | ■節子への挽歌3223:最近の私の生活には「ばら」がない »

2016/07/04

■節子への挽歌3222:「なんでこうなるの」状況

節子
なかなか「ぬかるみ」のような状況から抜け出せません。
ひとつ問題が解決すると、また別の問題が出てきます。
むかし流行った言葉に、「なんでこうなるの」というのがありましたが、まさにそんな気分です。
畑が気になっていますが、畑にも行けません。
困ったものです。

こうした原因の一つは、ネットのせいです。
ネットを通して、いとも簡単にいろんな相談が飛び込んできます。
先日は5年ぶりのメールのことを書きましたが、今日もまた10年ぶりくらいの方から突然の相談です。
10年ほど前、突然手紙が届き、お会いした方です。
節子とな寺名前の「節子さん」だったので、はっきりと覚えています。
今日は結局、対応はできませんでしたが、私を頼ってくる以上は、放置はできません。
一つひとつはさほどの作業量ではないのですが、しかしたぶん頼んでくる人が思うほどには簡単ではありません。
それにそうしたことが毎日いくつかずつ重なっていくと、それなりに時間がかかります。

依頼は一人からだけではありません。
ほかにもあります。
有料にしたら、私はたぶん今ごろ、蔵が建っていたでしょう。
しかし蔵が建たずに、いまもなお、頼りにされるということは、幸せなことでしょう。
蔵が建ってしまうと、そこで人間は終わりですから。
そんな終わり方はしたくはありません。
いささかの負け惜しみの気がしないでもありませんが。

依頼のメールだけではありません。
感謝のメールも届きます。
それには元気づけられますが、感謝されると人はさらに何かをやりたくなるものです。
ですから感謝のメールも、結局は依頼のメールと大差ありません。
困ったものです。

人のいない世界に行きたいと、時々思います。

|

« ■日本はすでにこれまでとは違う道を歩みだしている | トップページ | ■節子への挽歌3223:最近の私の生活には「ばら」がない »

妻への挽歌17」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌3222:「なんでこうなるの」状況:

« ■日本はすでにこれまでとは違う道を歩みだしている | トップページ | ■節子への挽歌3223:最近の私の生活には「ばら」がない »