« ■節子への挽歌「3237:「がんは死ぬ病気ではない」 | トップページ | ■非情報化社会 »

2016/07/19

■節子への挽歌3238:幸せにすること・幸せになること

節子
今日は明け方、とても夢を見ました。
内容は思い出せませんが、最後のシーンは覚えています。
ある人を幸せにしたという夢です。
それも1人ではなく、別々の2人です。
しかもなんとなく感じたのは、その2人は別々ではなく、仏教でいう「不二」の存在、もっと言えば、「一即多」あるいは「ホロニック」な存在を感ずるものでした。
そこに、私自身もれ場、節子もいる。
目が覚めて気づきました。
宮沢賢治は幸せだったことを。
少し説明が必要かもしれませんが、これまでこの挽歌を読んでくださった方ならわかってもらえると思います。

そして私自身の幸せにも気づきました。
さらに、私のこれまでの生き方が、すべて理解できたような気がしました。
幸せにすることが幸せになること。
そして世界はすべてつながっていること。
菩提樹の下で悟りを得たブッダのような気分です。
久しぶりにさわやかに目が覚めました。

いろいろな「難事」や「課題」が持ち込まれ、降ってくるのは、すべて意味がある。
正面から受け止めないといけません。
不幸を嘆いては行けません。
自らが不幸なのは、誰かを幸せにしていないからなのです。

気持のいい朝です。
改めて生きる意味がわかった気がします。

|

« ■節子への挽歌「3237:「がんは死ぬ病気ではない」 | トップページ | ■非情報化社会 »

妻への挽歌17」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌3238:幸せにすること・幸せになること:

« ■節子への挽歌「3237:「がんは死ぬ病気ではない」 | トップページ | ■非情報化社会 »