« ■節子への挽歌3246:反省すべきは常に自分 | トップページ | ■障害の所在 »

2016/07/26

■事件を見る視点

相模原市の障害者施設で、痛ましい事件が起こりました。
今日のテレビは朝からその報道ばかりです。
その施設で半年前まで働いていた若者が、利用者19人を殺害したのです。
あまりの衝撃に、アメリカのホワイトハウス高官がコメントまで出しました。
私には、いかにも「白々しく」感じましたが。

こういう事件が起こると、私がまず考えるのは、加害者のことです。
もしかしたら、加害者こそが一番の被害者ではないかという気がしてならないのです。
実状を知らないくせに、そういう発想をするのは危険であることは承知していますが、昨今の社会情勢を考えると、どうもそういうところから「事件」を見るようになってきてしまっているのです。
なぜ学校の先生を目指していた、明るい若者が、こんな事件を起こしてしまったのか。
同じ時代を生きる私には、責任はないのか。

そういう視点で、事件の報道を見ていると、いつも不満に感じます。
事件の詳細や加害者の個人情報は詳細に語られますが、背景に関してはあまり語られることはありません。
障害者施設の働く現場や利用者の置かれている現場が、どうなっているのか、きちんと報道されることは少ないのです。

こういうことが2度と起こらないように対策を検討しますなどという、意味のない答弁ではなく、もし本当にこうしたことを起こしたくないのであれば、障害者施設の実態を変えていかねばなりません。
言い換えれば、それは「社会保障」の理念や社会の価値観を変えることになるかもしれません。
そうした根本的な社会のあり方に目をやらずして、軽々に対策などと語ってほしくはありません。

いまからもう45年前になりますが、「ルポ・精神病棟」という本が出版されました。
記者だった大熊一夫さんが、「アル中患者」と偽って、ある精神病院に入院した現場体験報告です。
その後、日本の精神病院は変わったと思いたいですが、最近の大熊さんの本を読んでも、その変わりようはさほど大きくはないような気がします。
数年前に私のところに来た精神病院のスタッフの方から、お聞きした話も衝撃的でした。
一時、改善されるかに見えた精神病院の実態は、また向きを変えつつあるような感じでした。

これは精神病院の話ですが、障害者施設はどうでしょうか。
見学はしたことはありますが、私自身は利用したこともそこで働いたこともありません。
ですが、その周辺からいろいろと聞いている話から、小さな事件が起こるたびに不安を感じていました。
そして今朝のこの事件。
やはり私が最初に思ったのは、加害者のことです。
はっきりいえば、加害者への同情です。
時代が、あるいは私たちの生き方が、彼を加害者にしてしまったのではないか。

今朝、そうした施設にも関わったことのある方から電話をいただきました。
こういう事件がいつか起きるのではないかと心配していた、とその方はお話になりました。
昔は、施設のスタッフも余裕があったし、スタッフと利用者が人間的な関係を持てたと言うのです。
いまはスタッフと利用者はもとより、スタッフ同士さえ、人間的な関係が持ちにくくなっていることは、私もいろんな人からお聞きしています。
私たちは、何かを大きく失ってしまっているのかもしれません。

事件の報道姿勢も、もしかしたらそうした事情を加速させているようにさえ思います。

ちなみに、今朝、電話をくださった方は、もしかしたら、私が「加害者」になることを懸念されていたのかもしれません。
そう考えるのはいささか考えすぎでしょうが、そうなってもおかしくない時代になってきているように思います。
今回の加害者の若者は、決して、私と無縁の存在ではないことを心したいと思っています。

|

« ■節子への挽歌3246:反省すべきは常に自分 | トップページ | ■障害の所在 »

社会時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/63969852

この記事へのトラックバック一覧です: ■事件を見る視点:

« ■節子への挽歌3246:反省すべきは常に自分 | トップページ | ■障害の所在 »