« ■天皇のお話に、上山春平とオメラスを思い出しました | トップページ | ■「核廃絶」を唱えるのであれば「原発廃止」も明言すべきです »

2016/08/09

■節子への挽歌3264:暑さよりも世上にうんざりです

節子
うだるような暑さです。
先日来客があった時にエアコンをつけてみたら、何とか動いたので、今日はそのエアコンのなかで半日過ごしました。
おかげで、長崎の平和式典をきちんと観ることができました。
しかし、聞いていて何やら虚しくなりました。
核廃絶と言いながら、原発を止めようなどと誰も言いません。
その上、核兵器推進論者の阿部首相が、そこにいる。
長崎の人たちには申し訳ないですが、ばかげた茶番でしかないような気がします。
しかし長崎市長と被爆者代表の井原東洋一さんのスピーチは心に響きました。

オリンピック報道も観ました。
私はオリンピックのショーはスポーツとは考えていません。
銅メダルをもらいながら、うれしくないというような人に育てる仕組みには、あざとさと卑劣さを感じます。
ますます虚しくなってきました。

暑さのせいでしょうか、無性に腹が立ってきてしまい、あんまりいい日ではありませんでした。
夕方、畑に行って、水をやってきました。
野菜の収穫はほとんどありませんが、百日草が広がりだしていました。
食べられるかどうかわかりませんが、メロンが2つなっていました。
どのタイミングで収穫すればいいかわからないのですが、もう2,3日、そのままにしておこうと思います。

人間界は虚しいですが、自然の世界は豊かです。
庭の琉球朝顔も元気です。

|

« ■天皇のお話に、上山春平とオメラスを思い出しました | トップページ | ■「核廃絶」を唱えるのであれば「原発廃止」も明言すべきです »

妻への挽歌17」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌3264:暑さよりも世上にうんざりです:

« ■天皇のお話に、上山春平とオメラスを思い出しました | トップページ | ■「核廃絶」を唱えるのであれば「原発廃止」も明言すべきです »