« ■節子への挽歌3274:イランに節子の写真があるかもしれません | トップページ | ■節子への挽歌3275:ライフシェア・コミュニティ »

2016/08/21

■「自民党憲法案」を読む会の報告

昨日、リンカーンクラブ主催で、「自民党改憲案」を読む会を開催しました。
みんなで声を出して、改憲案の全条文を読むことを中心にする退屈な会ですとご案内しましたが、8人の方が集まってくれました。
政治ジャーナリストの方や福祉関係の大学教授、編集関係の方や若者の就労支援をしている方、右傾化する社会に警告を発してきている思想家の方など、多彩な方たちでした。
これまでも、例えば前文や9条、基本的人権の章などは読みあって議論したことはありますが、今回はともかく全文を読み通すことを目的にしました。
私たちはともすると、4個々の議論に走りがちですが、全体から伝わってくるものも大切です。
ともかく最後まで一気通貫に読んでみたかったのです。
途中議論が始まり、話題も広がったりしましたが、みなさんの協力によって、3時間かかりましたが、前文を読み終えました。

最後にそれぞれから感想を話してもらい、長丁場の「自民党改憲案を読む会」は終わりました。
途中で議論となった論点はいくつかありますが、あらためて全文を読み通すことで気づいたことも少なくなかったような気がします。
かなりの努力は必要ですが、ぜひみなさんも、周りでやってほしいと思います。
自民党改憲案はネットで入手できます。
https://jimin.ncss.nifty.com/pdf/news/policy/130250_1.pdf

私の感想は、「ともかく長い」ということでした。
現行憲法も私には長すぎます。
それに文章が美しくありませんし、無駄な形容詞が多すぎます。
みんなが読みたくなるよう憲法であってほしいです。
そもそも憲法に関して議論している人たちでさえ、果たしてどれだけがきちんと憲法を読んでいるかどうか。

ちなみに、自民党改憲案は「日本国は」(現行憲法の始まりは「日本国民は」)で始まります。
そして最後の102条は「すべて国民は、この憲法を尊重しなければならないとなっています。
私はここに改憲案の基本思想を感じます。

みなさんもぜひ一度、現行憲法と自民党憲法案を読み比べてください。
憲法こそが、私たちの社会を方向づけているのですから。

Lc1608


|

« ■節子への挽歌3274:イランに節子の写真があるかもしれません | トップページ | ■節子への挽歌3275:ライフシェア・コミュニティ »

お誘い」カテゴリの記事

政治時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/64089394

この記事へのトラックバック一覧です: ■「自民党憲法案」を読む会の報告:

« ■節子への挽歌3274:イランに節子の写真があるかもしれません | トップページ | ■節子への挽歌3275:ライフシェア・コミュニティ »