« ■節子への挽歌3312:取り組みたいことが多すぎます | トップページ | ■節子への挽歌3314:小波乱が起きました »

2016/09/29

■節子への挽歌3313:金木犀の香り

節子
金木犀が香りだしています。
家の中にまで香ってきます。
雨続きだったのですが、ようやく秋らしくなり、花が元気になってきています。
手入れ不足だったこともあり、琉球朝顔がいたるところにツルを延ばしているのが、気になりますが、そろそろまた庭の花木の手入れもしなければいけません。
人は季節と無縁には生きていけません。
しかし、この数年、かなり無縁に生きてきたような気もします。

季節の変わり目は、人の暮らしにリズムをつけてくれます。
季節をあまり感じないのは、暮らしにリズムがないからでしょう。
リズムを取り戻さなければいけません。

節子がいた頃は、春には桜を見に行き、秋には紅葉を見に行きました。
しかし、節子がいなくなってからは、桜も紅葉も、見ることはあっても、見に行くことはありません。
この違いは大きいのです。

毎年、今年は見に行こうかと思うこともあります。
でも、いつの間にか、季節は過ぎてしまっているのです。

わが家は、春にはジャスミンが、秋には金木犀が、香ってくれます。
今年は、紅葉を見に行けるといいのですが。

|

« ■節子への挽歌3312:取り組みたいことが多すぎます | トップページ | ■節子への挽歌3314:小波乱が起きました »

妻への挽歌17」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌3313:金木犀の香り:

« ■節子への挽歌3312:取り組みたいことが多すぎます | トップページ | ■節子への挽歌3314:小波乱が起きました »