« ■カフェサロン「3.11福島原発事故後の福島で仕事をしてきて感じたこと」の報告 | トップページ | ■節子への挽歌3330:挽歌を書く人生 »

2016/10/16

■リンカーンクラブ公開フォーラムのご案内

私たちの声は政治に届いているのか。
日本は国民主権の民主主義国家といわれているが、本当にそうなのか。
最近、改めて、そう感じている人は少なくないと思います。

1983年11月19日、第16代アメリカ大統領、エイブラハム・リンカーンはペンシルベニア州ゲティスバーグにある国立戦没者墓地の奉献式において、「人民の、人民による、人民のための政治」を呼びかけました。
有名なゲティスバーグ演説です。
以来、世界は、「人民の、人民による、人民のための政治」に向かって進んできていますが、必ずしも多くの人が満足する段階には至っていないばかりか、むしろ最近の日本では、逆行しているのではないかというような状況さえ生まれています。

そうした思いから、私たちは、日本の現実をできるだけ民主主義に近づけていこうという活動に取り組むために、しばらく休会していたリンカーンクラブ活動を再開。そのお披露目もかねて、公開フォーラムを、11月19日に開催することにいたしました。
急なお誘いですが、ぜひ多くの人に参加していただき、どうしたら、私たちの声を政治に届けられるのかを、みんなで考えたいと思っています。

ちなみに、リンカーンクラブは、特定の政治団体につながるものではなく、政党活動を展開するものでもありません。
その活動自体も、民主主義の理念(個人の尊厳を尊重すること)にしたがって、さまざまな意見を大事にしながら、主権者である私たち国民一人ひとりの声を、できるだけ政治に反映していくにはどうしたらいいのかを考えていこうと思っています。

私たちの社会を、私たち自身が納得できるものにしていくために、また、子どもたちの未来を豊かにしていく社会にするために、ぜひ多くのみなさまに参加していただき、一緒に考えていきたいとと願っています。
よろしくお願いいたします。

日時
2016年11月19日(土曜日) 午後2時~5時(1時20分開場)
プログラム
 第1部:講演(次の3人の専門家から問題提起していただきます)
小林節(憲法学者:慶應義塾大学名誉教授)
伊藤真(弁護士:伊藤塾塾長)
武田文彦(リンカーンクラブ代表:究極的民主主義研究所所長)
 第2部:参加者による話し合い
講演者と参加者が一緒になって、話し合いたいと思います。
会場
AP品川7階(東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル)
  JR・京浜急行線・品川駅高輪口前の第1京浜を新橋方向に徒歩2分右側
  http://www.cdit.or.jp/o_lecture/ap-shinagawa.pdf
定員:100名
会費:3000円(学生2000円)
主催:リンカーンクラブ(http://lincolnclub.net/)
申込先:リンカーンクラブ事務局(info@lincolnclub.net)


2016


|

« ■カフェサロン「3.11福島原発事故後の福島で仕事をしてきて感じたこと」の報告 | トップページ | ■節子への挽歌3330:挽歌を書く人生 »

お誘い」カテゴリの記事

政治時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/64358113

この記事へのトラックバック一覧です: ■リンカーンクラブ公開フォーラムのご案内:

« ■カフェサロン「3.11福島原発事故後の福島で仕事をしてきて感じたこと」の報告 | トップページ | ■節子への挽歌3330:挽歌を書く人生 »