« ■国家が争い合うグローバリゼーション | トップページ | ■節子への挽歌3321:今日も前途多難です »

2016/10/07

■節子への挽歌3320:眠れなかった夜

節子
今日は石和温泉で、企業の人たちとの合宿です。
始まりが早いので、早朝に出発する予定でしたが、まあ私は少し遅れてもいいと言うので、まだ自宅です。
歳をとると、いいこともあるのです。

今日もさわやかな朝でした。
昨日は、朝がとても素晴らしかったので、いい一日になると思っていましたが、あんまりいい日にはなりませんでした。
人生はなかなか順調には進みません。
しかし、昨日も書いたかもしれませんが、良いか悪いかは、受け止め方次第です。

昨夜、テレビで、死刑囚の手記が少し紹介されていました。
それがあまりに生々しかったので、夜中に目が覚めてしまいました。
死を宣告された人の人生はどんなものなのか。
そう考えていたら、がんなどで、余命宣告を受けた人も同じではないかという気がしてきました。
余命宣告は、死刑宣告と同じで、人道に反しています。
生存率で語ることもまた、おかしい話です。
そんなことを考えていたら、また眠れなくなりました。

しかし、朝起きたら、今日もまた、さわやかな朝です。
今日こそ、きっといい一日になるでしょう。
そろそろ出る時間です。
今ごろになって無性に眠たくなってきました。
電車で寝過ごさなければいいのですが。

|

« ■国家が争い合うグローバリゼーション | トップページ | ■節子への挽歌3321:今日も前途多難です »

妻への挽歌17」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌3320:眠れなかった夜:

« ■国家が争い合うグローバリゼーション | トップページ | ■節子への挽歌3321:今日も前途多難です »