« ■節子への挽歌3407:大晦日とは思えない大晦日 | トップページ | ■節子への挽歌3408:今年も穏やかな年明けでした »

2017/01/01

■今年は歴史が善い方向に動き出す年になりますように

201701012


201601013


今年は久しぶりに地平からの初日の出が見られるかと思っていましたが、やはり雲のために、太陽が顔を出したのは数分後でした。
顔を出す前の雰囲気もとてもいいのですが、太陽が顔を出した途端に風景が一変していきます。
それからの数分は、世界に「いのち」が戻ってくるような、とても不思議な時間です。
「いのち」が息を殺している世界と動き出す世界。
でも私が生きたい世界は、その先の、「いのち」が普通に生きている世界です。
「いのち」が消えかかっているような、いまの世界は好きにはなれません。
昨年は、あまりにもたくさんのことに見舞われて、疲れ切っていましたが、
年末に2週間ほど、無為に過ごしたおかげで、意識に変化が起こりました。
今年も、これまでどおり、自らの「いのち」に誠実に生きたいと思っています。
1月4日と7日の午後、早速に湯島でオープンカフェを開店します。
近くに来たらお立ち寄りください。
ちょっと表情の変わったらしい私がいるだけですが。
面識のない人も歓迎です。
人はみな、友だちですから。
あたたかい陽光に包まれて、とてもおだやかな年明けです。
今年は、歴史が善い方向に動き出す年になることを祈っています。
「いのち」に恥じない生き方が、それを可能にしてくれるでしょう。
今年もまたお会いできますように。

|

« ■節子への挽歌3407:大晦日とは思えない大晦日 | トップページ | ■節子への挽歌3408:今年も穏やかな年明けでした »

生き方の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/64704225

この記事へのトラックバック一覧です: ■今年は歴史が善い方向に動き出す年になりますように:

« ■節子への挽歌3407:大晦日とは思えない大晦日 | トップページ | ■節子への挽歌3408:今年も穏やかな年明けでした »