« ■コムケアサロン「豊かな高齢期をいきることの素晴らしさ」報告 | トップページ | ■節子への挽歌3462:看取りを語り合うサロン »

2017/02/27

■湯島の部屋を売りませんか

湯島に私のオフィスがあります。
ワンルームマンションの1室です。
昨年秋ころから、そこを売らないかという電話が頻繁にあります。
先週は1日起きくらいにありました。
いま使用しているので、売るはずはありません。
しかし、なぜかしつこく電話がある。
いま売ると高く売れるそうなのです。
あまりのしつこい電話に腹が立ってしまい、今日は、私を追い出そうとしているのですかと声を荒げてしまいました。
そうしたら、相手も負けずと声を荒げてきましたので、失礼しますと電話を切ってしまいました。
なんというひどい会社だろうかと思いました。
しかし電話お切った後も、何かすっきりしません。
バブル時はこうしたスタイルの地上げ屋が多かったのでしょうね。
どこでどう電話番号リストが流れているのかもしれませんが、実に不愉快です。

ネット回線の電話も相変わらず多いです。
あまりのしつこさに、ついつい承知してしまって迷惑を受けたことがありますが、承知しても別の会社からの勧誘がつづきますので何の解決にもなりませんでした。
明日からもまた電話はつづくでしょう。
人生には苦難が必要です。

|

« ■コムケアサロン「豊かな高齢期をいきることの素晴らしさ」報告 | トップページ | ■節子への挽歌3462:看取りを語り合うサロン »

無駄話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/64948047

この記事へのトラックバック一覧です: ■湯島の部屋を売りませんか:

« ■コムケアサロン「豊かな高齢期をいきることの素晴らしさ」報告 | トップページ | ■節子への挽歌3462:看取りを語り合うサロン »