« ■カフェサロン「子どもの世界から見えてくる私たちの生き方」のお誘い | トップページ | ■節子への挽歌3457:風の声 »

2017/02/22

■節子への挽歌3456:ネパールカレーを食べながら思い出したこと

節子
今日はユカと一緒に、近くのハリオンというインドカレーのお店に行きました。
美味しくて量も多くて、しかも安いうえに、お店の人がみんないい人なのです。
たぶん節子も来たことがあるはずですが、残念ながらあまり記憶が定かではありません。
歳のせいばかりではないのですが、私の記憶力はかなり悪いのです。
たぶん友人知人は、そうは思っていないでしょうが。

今日は中辛に挑みましたが、まあもう少し辛くても大丈夫そうです。
このお店は確かネパールの人たちがやっていると聞いていましたが、それも記憶違いかもしれません。
食事しながら、ネパールで咲いたチューリップはどうしたかなと思い出しました。
節子のためにわが家に献花に来てくれた田中さんがネパールに持ち帰って植えてくれたのが咲いたのです。
チューリップの球根はきちんとケアしていかないと小さくなってしまうので、たぶんもう消えてしまっていることでしょう。
でもまあ、節子の思いはネパールにまで届いているわけです。
節子が元気だったら、訪れてみたいところのひとつでした。

新潟の金田さんが送ってきてくれたチューリップは、まだわが家で頑張っています。
しかし、そろそろ限界かもしれません。
来年はまたわが家でもチューリップを植えようと思います。
そろそろ庭の手入れもしなければいけません。

春が近づいてきています。

|

« ■カフェサロン「子どもの世界から見えてくる私たちの生き方」のお誘い | トップページ | ■節子への挽歌3457:風の声 »

妻への挽歌17」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/64927252

この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌3456:ネパールカレーを食べながら思い出したこと:

« ■カフェサロン「子どもの世界から見えてくる私たちの生き方」のお誘い | トップページ | ■節子への挽歌3457:風の声 »