« ■森友学園騒動に見る問題のすり替え | トップページ | ■世界の対立軸が変わってきた気がします〔1〕 »

2017/03/12

■節子への挽歌3478:「今日が人生最後の日だと思って生きなさい」

節子
ホスピスの医師の小澤竹俊さんの書いた「今日が人生最後の日だと思って生きなさい」という本を読みました。
そこにこんな文章がありました。


なんでもない今日に感謝できる人は、本当の幸せを知っている。
どんな成功の日々も、平凡な日常に勝らない。
ただ生きているだけで、十分に価値がある。

小澤さんは、「今日が人生最後の日」と想像したとき、わかることはたくさんある。
そのひとつが、日常というもののありがたさだと書いています。
このことはよく言われることですが、節子もまさにそう実感していました。
節子がいなくなってから、少ししてその意味が私もよくわかってきました。
頭ではもちろんその前からわかっていたつもりですが、数年たって、しみじみと実感してきたということです。

最近、死に関わる本を読み続けていますが、別に私自身が死を意識しているわけではありません。
むしろ、当面死ぬことをやめる決断をしたのです。
93歳まで生きることにしました。
かなり先が長いのですが。

なぜ93歳かといえば、前にも書いたことがあるかと思いますが、30年近く前に、ある人が私の運勢を京都の高名な方に占って来てくださったのです。
その人自身も、ちょっとその道にも通じている人なのですが、私と一緒に仕事をしていいかどうかを判断するためだったような気がします。
93歳まで生きるということが理由ではなかったと思いますが、私は彼の仕事の相談役的な形でかなり長く付き合いました。
そのプロジェクトはうまくいったので、いまは私の役目はなくなりました。

93歳を素直に守ろうかどうか迷うこともあるのですが、この数週間、なんとなく93歳まで現世に留まる気分が強まっています。
まあそんなに自らの生きる期間を勝手に決めていいのかどうか疑問もありますが、まあ決めておいた方が何かと都合がいいでしょう。

それではなぜ死の関係の本を読んでいるかです。
それは、看取るという文化が気になりだしたのがきっかけですが、いろんな本を読んでいるうちにますますわからなくなってきてしまい、読んでいる本に参考文献があるとそれをついつい読みたくなって、とまらなくなってしまったのです。
でもまあ、そろそろ打ち止めにしようと思います。

小澤さんが言うように、もし今日が「人生最後の日」だとしたら、死の本を読む必要はありません。
まもなく、体験できるのですから。
では、なにをするか。
その答えはなかなか難しい。
なぜなら、93歳まで生きることを決めてしまったからです。
小澤さんのメッセージを全く理解していない、悪い読者です。
困ったものです。はい。

|

« ■森友学園騒動に見る問題のすり替え | トップページ | ■世界の対立軸が変わってきた気がします〔1〕 »

妻への挽歌17」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/64996915

この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌3478:「今日が人生最後の日だと思って生きなさい」:

« ■森友学園騒動に見る問題のすり替え | トップページ | ■世界の対立軸が変わってきた気がします〔1〕 »