« ■節子への挽歌3494:「生きる意味」を喪失した後の「生」 | トップページ | ■沖縄から始まる未来 »

2017/03/30

■節子への挽歌3495:睡眠トラブル

節子
先日のサロンで、睡眠相談の活動を始めた友人から聞いた話ですが、睡眠トラブルを抱えている人が多いのに驚いたそうです。
そういえば、私も気になることが多いのですが、真夜中の3時とか4時にメールを送ってきたり、フェイスブックに書きこんだりしている友人が少なからずいます。
そういう人には、以前は、「夜はちゃんと寝ないといけません」などと余計な一言を加えることもあったのですが、いつの間にか、あまり気にならなくなるようになっています。
それほど多くなったということです。
スマホになったので、もしかしたら枕元に置いていて、すぐに投稿できるのかもしれませんが、まあ、夜、きちんと眠れない人が増えているのでしょう。
なにしろ、かく言う私自身がそうなのです。

最近、できるだけ早寝早起きに努めています。
10時就寝、5時半起床が目標です。
しかし、なかなかそうはいきません。
なぜなら真夜中に目が覚めてしまうからです。
ひどい時には12時過ぎに目が覚めてしまうこともあります。
そこからまた普通は眠れるのですが、眠れないこともあります。
いや、眠れるとしても、眠りが浅い感じがして、朝の目覚めがすっきりしないことも多いのです。

最近は、3時か4時頃、目が覚めることが多くなってきました。
夜中に目が覚めて、枕元の時計を見ると、時計が2時台だと、もうほんとにがっかりします。
眠れない夜ほど、嫌なものはありません。
眠れないとついついいろんなことを考えてしまいます。
30分も眠れなくなった場合は、本を読むようにしていますが、おかげで最近は読書量が増えました。
真夜中に1冊読んでしまい、その挙句、いつのまにか寝てしまうというようなこともあります。
そんな時には7時を過ぎても目が覚めずにいます。
朝の目覚めが遅いと、どうもその日は調子がよくありません。
太陽の動きとずれが多いと、どうも調子がよくありません。
自然の影響を受けやすいタイプなのかもしれません。

いずれにしろ、最近また夜に眠れない日が増えてきています。
早く外が明るくなってほしいと祈ることもあります。
日の出の時間が早くなったので、最近はとてもうれしいですが、それでも3時に目が覚めてしまうと辛いです。

節子が横にいてくれたら、と、思うことが多いです。
暗い夜中にベッドで一人目覚めていることほど、辛いことはありません。

|

« ■節子への挽歌3494:「生きる意味」を喪失した後の「生」 | トップページ | ■沖縄から始まる未来 »

妻への挽歌17」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/65086759

この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌3495:睡眠トラブル:

« ■節子への挽歌3494:「生きる意味」を喪失した後の「生」 | トップページ | ■沖縄から始まる未来 »