« ■節子への挽歌3520:眼科医に飽きてきました | トップページ | ■節子への挽歌3522:話を聴いてくれる人の大切さ »

2017/04/25

■節子への挽歌3521:久しぶりに献花台をきれいにしました

節子
昨日、挽歌103「まさか節子が献花にきたのではないでしょうね」にコメントがありました。
http://cws-osamu.cocolog-nifty.com/cws_private/2007/12/post_72f6.html
それで私も久しぶりにその挽歌を読みました。
そういえば、そんなこともあったなと当時を思い出しました。
挽歌をまた最初から読み直してみたら、いろんな気付きがあることでしょう。

ところでそのコメントを読みながら、そういえば庭の献花台の手入れを最近していないことに気づきました。
もしかしたら、それを知らせるために、節子が Tugiさんを名乗って、コメントしてきたのかもしれません。
そんな気もして、今日は献花台のまわりを少し整理しました。
といっても、あんまり体調が良くないため、まあいつものように「適当」にですが。
献花台に供えていた花瓶がないのに気づきました。
いやはや節子は怒っているか、嘆いているかしていることでしょう。
花瓶を探しましたが、見つからないので、花の咲いている鉢を両側に置くことにしました。
まあそれで許してもらえるでしょう。
それにもうじきチューリップが咲きだすでしょう。

庭に鉢植えしていたモッコウバラが咲いているのに気づきました。
手入れが悪かったせいで、この数年、あまり咲かなかったのです。
これは節子が植えたもので、香りのよい白い花のモッコウバラです。
私はどちらかというと、黄色のモッコウバラが元気で好きなのですが、節子は白が好きだったのです。
娘によれば、節子が植えたのに、節子が病気になったためか、節子がいた頃には咲かなかったのだそうです。
義理堅い花です。

5月に例年やっている庭でのカフェサロンを予定していますので、
少し庭をきれいにしなくてはいけません。
例年なら藤が咲いてくれるのですが、昨年全滅してしまったので、今年は咲いてくれそうもありません。
かなりの鉢植えの花木も枯れてしまったので、今年は少し殺風景かもしれません。
それにすぐ隣に家が建ってしまったので、展望も悪くなりました。
でもまあ天気さえ良ければ、5月27日~28日にフリーカフェを開店する予定です。

|

« ■節子への挽歌3520:眼科医に飽きてきました | トップページ | ■節子への挽歌3522:話を聴いてくれる人の大切さ »

妻への挽歌18」カテゴリの記事

コメント

庭の献花台のお手入れをなさったことは、いつも佐藤さんを見守っている節子さんも喜ばれた事と思います。佐藤さんの体調が良くないとあったので心配です。

投稿: tugi | 2017/04/26 04:26

tugiさん
ありがとうございます。
いま体調が悪いのは単なる「風邪」のせいです。
喉がやられてしまいました。
お心遣いに感謝します。

投稿: 佐藤修 | 2017/04/26 06:16


お風邪ですか?長引く咳があったら、必ず先に耳鼻科へ行ってくださいね。(最近よく言われる話ですが)
29日はサロンで、皆さんと楽しくお過ごしだったようですが、今は大丈夫でしょうか?

私は、1か月前に38度の熱で内科に行き、熱は下がりましたが、悪寒や頭痛で、翌日呼吸器科に行きましたが、良くならず、声が出なく、耳が聞こえず、耳鼻科に行きました。
高熱、吐き気、頭痛、めまいがし、医師からは、死に至る危険な状態だった言われましたが、大袈裟ではなく、病院に同じ症状の患者さんが殆どだったことに驚きました。、
皆、その場で鼓膜切開、チューブ手術などと言われ、さらにひどいらしく、手術の為の大学病院を紹介されていました。
咳が潜む病を知らせるようで、風邪をこじらせ、鼻炎から耳、そして声帯が腫れ、さらに、脳、肺、心臓に行くとのことです。

結局、風邪は、鼻が一番大事のようです。その場で両耳鼓膜切開され、長期の治療と言われ、通院で1か月経ち、声は出るようになりましたが、頭痛、めまいがひどです。
様々な情報に耳を傾け、知識のある佐藤さんなので、御存じで、気を付けておられるのでしょうが、知識の全くない私は佐藤さんが心配になり、ずっとお元気でいて欲しい気持ちから、自分の経験をお伝えしました。
お元気な佐藤さんに何時かお会いしたいです。

投稿: tugi | 2017/05/01 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/65196020

この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌3521:久しぶりに献花台をきれいにしました:

« ■節子への挽歌3520:眼科医に飽きてきました | トップページ | ■節子への挽歌3522:話を聴いてくれる人の大切さ »