« ■人々の中に入ってきて、論を深め、知を集め、力を高めてほしい | トップページ | ■ワークショップサロン「大災害に備えるために~東日本大震災の実例から教訓を得る」のお誘い »

2017/05/25

■節子への挽歌3550:単なる無我では寄り添えない

節子
今日もまた、お昼を食べそこないました。
湯島にいると、人の絶え間がないのです。
今日はお昼時に30分ほど、時間があいたのですが、その合間に急遽やらなければいけないことが発生し、食事ができなかったのです。
湯島に出ると、こんな感じになりがちなので、できるだけお昼を一緒にする予定を組むのですが、うまくいかない場合も少なくないのです。
節子がいた時には、5分で食べられるようなおにぎり弁当を作ってくれていましたが、いまはそれもありません。
もともと「食べる」ことにはあまり意味を見出していませんので、お腹がすかなければ食事などしたくないのですが、食べていないと夕方には体力が尽きてしまう感じになるのです。
今日がそれで、帰宅するのがやっとで、娘に迎えに来てもらいました。
困ったものです。

ある人の相談に、私だけでは対応が難しいので、その分野に通じている人に同席してもらいました。
その人には前も別の問題で、同席してもらったことがあるのですが、どこかに違和感があります。
今回もそれを感じました。
どこが違うのか。
彼も、完全に無償で時間を割いてくれているのですが、そして親身になって考えてくれているのですが、どこかに違和感があります。
やはり私が特殊なのかもしれません。

友人が、私の言葉にヒントを得て、「寄り添いネットワーク」なるものを立ち上げようとしています。
私も以前はそれを考えていたこともあります。
「寄り添う」という言葉は、しかし、実に難しい。
今日は、つくづく、そのことを思い知らされました。
「寄り添う」には、無我になることが必要ですが、無我になってしまうと、寄り添う自分がいなくなってしまう。
今日もまた、宿題をもらった気がします。

しかし、体力がなくなってきているのが、無念です。

|

« ■人々の中に入ってきて、論を深め、知を集め、力を高めてほしい | トップページ | ■ワークショップサロン「大災害に備えるために~東日本大震災の実例から教訓を得る」のお誘い »

妻への挽歌18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/65327794

この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌3550:単なる無我では寄り添えない:

« ■人々の中に入ってきて、論を深め、知を集め、力を高めてほしい | トップページ | ■ワークショップサロン「大災害に備えるために~東日本大震災の実例から教訓を得る」のお誘い »