« ■節子への挽歌3532:「今の私には響きません」 | トップページ | ■節子への挽歌3534:さらなる老後に備えて »

2017/05/08

■節子への挽歌3533:生きるということはたくさんの幸運の上に成り立っている

節子
この連休、わが家では「悲劇」が起こりました。
と言っても家族のことではなく、わが家の庭に巣をつくった野鳩の母子に起こった悲劇です。
挽歌に書いたかどうか覚えていないのですが、数日前に庭の木に、鳩が巣を作り卵を産みました。
カラスに襲われなければいいのにと、気になっていたのですが、5日にカラスがどうもその巣を見つけたようです。
それで時々見回りをしていました。
4日の午後、カラスが飛び立つのを見ましたので、慌てて巣を見に行ったら、雛が生まれていて、どこか不自然でしたが、2羽とも動いていました。
大丈夫だったとホッとしました。
少しして親鳩が戻ってきましたが、いつものようにまた残りの卵をあたためだしていましたので、安心しました。
6日の朝、5時頃起きたら、いつものように巣の中に親鳩がいました。
カラスはいない。
安心して2階に戻ってメールなどをチェックして1時間後にまた下に降りていくと、庭からカラスが飛んでいきました。
もしかしたらと思い、巣を見に行ったら、もぬけの殻。まったく何もないのです。
カラスに襲われて卵も雛も食べられてしまったようです。

しばらくして親鳩が戻ってきました。
たぶん餌を探しに行っていたのですが、何もない巣を見て、しばらくあたりをきょろきょろ見回していました。
たぶん理解できないのでしょう。
しばらくしていつものように巣に座り、私が外出するまでそこにじっとしていました。

小さないのちは守ってやれませんでした。
自然界は非情です。
鳩の母子にとっては残酷な結果でした。
しかし(もしカラスが襲ったとしたら)カラスには幸せな結果かもしれません。
そう思えば、少しは気がやすらぎますが、生きることの大変さをこの頃強く感じているので、思うことがたくさんあります。

最近、生きるということは、ものすごくたくさんの幸運の上に成り立っているのだということを感じています。

|

« ■節子への挽歌3532:「今の私には響きません」 | トップページ | ■節子への挽歌3534:さらなる老後に備えて »

妻への挽歌18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/65250947

この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌3533:生きるということはたくさんの幸運の上に成り立っている:

« ■節子への挽歌3532:「今の私には響きません」 | トップページ | ■節子への挽歌3534:さらなる老後に備えて »