« ■節子への挽歌3539:軽い頭痛があって憂鬱です | トップページ | ■節子への挽歌3540:人間の存在自体がひとつの負債 »

2017/05/15

■5月27・28日は我孫子アートな散歩市に合わせて、自宅でオープンカフェを開きます

5月6日から6月4日まで、我孫子アートな散歩市が開催されています。
毎年、わが家にある娘のスペインタイル工房 Taller de Junも参加する関係で、雨が降らなければ、工房の横の庭で、私がオープンカフェを開いています。
といっても、コーヒーを飲んでもらうだけのカフェなのですが。
例年、いろんな人が立ち寄ってくれて、いろんな話がはずみます。
http://www.city.abiko.chiba.jp/event/event_moyooshi/art_sanpo.files/SKM_C554e17042812020.pdf

娘のスペインタイル工房 Taller de Junが参加するのは5月27日と28日です。
その日は攻防が解放され、散歩市に来た人が立ち寄ってくれます。
もっとも我が家は会場から少し外れたところにポツンとあるので、来客は多くはありません。


カフェのオープンも、それに合わせて、5月27日と28日の2日間で、今年は午後だけのオープンです。
時間は1時から午後4時までです。
庭のテーブルは一つなのですが、コーヒーは用意しておきます。
娘のパートナーがやっている、イタリアンのお店のヴィスコッティも用意しておきます。

場所は、手賀沼公園の近くです。
我孫子駅南口前の「アビシルベ」(我孫子インフォメーションセンター)に散歩市の地図があると思います。
我孫子駅から10分ほど、手賀沼公園から5分ほどです。
わからなければ電話ください(090-7416-1679)。
たぶんその日は電話に出るようにします。
いつも携帯電話は「発信中心」のため、音を出さないようにしているので、かかって来ていても気づかないことが多くて失礼をしています

雨が降った場合はお休みです。
晴れるといいのですが。

地図を添付します。
クリックすると大きくなると思います。
左下のFがカフェの場所です。

Img223


|

« ■節子への挽歌3539:軽い頭痛があって憂鬱です | トップページ | ■節子への挽歌3540:人間の存在自体がひとつの負債 »

お誘い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/65281668

この記事へのトラックバック一覧です: ■5月27・28日は我孫子アートな散歩市に合わせて、自宅でオープンカフェを開きます:

« ■節子への挽歌3539:軽い頭痛があって憂鬱です | トップページ | ■節子への挽歌3540:人間の存在自体がひとつの負債 »