« ■節子への挽歌3584:輝いていた涙顔 | トップページ | ■第2回憲法サロン「私の憲法改正草案(川本さん編)」のお誘い »

2017/06/28

■節子への挽歌3585:「それ以上に楽しい何か」

節子
サンチアゴ巡礼の途中の鈴木さんから絵葉書が届きました。
3度目のサンチアゴを、今回は北の道を歩いています。
すでに280kmを歩き終え、サンタンデールについたようです。
サンタンデールも聖地の一つのようですが、絵葉書の写真を見ると、とてもきれいな港町です。
鈴木さんはこう書いてきました。

雨に打たれ日に焼かれつらいことも多いのですが、それ以上に楽しい何かが巡礼の道にはあります。

宮沢賢治の「雨ニモマケズ」を思い出しますが、人生もまた巡礼。
巡礼と思えば、生きる姿勢が変わります。
「それ以上に楽しい何か」ってなんでしょうか。
それは言葉では言い表わせないことでもあり、いまは未知のことなのかもしれません。
何かわからない、未知なこととの出会い。
それこそが、もしかしたら「生きる使命」「生きる喜び」かもしれません。

スペインからの郵便は、日本に着くのにだいぶ時間がかかります。
実際には鈴木さんはもう今月末にはサンチアゴに着くはずです。
7月に帰ってきたら、またいろんな話を聞かせてくれるでしょう。
私は、巡礼には行かないことを決めていますので、誰かの巡礼話を聴くことが、私の巡礼行なのです。


Img230_3


|

« ■節子への挽歌3584:輝いていた涙顔 | トップページ | ■第2回憲法サロン「私の憲法改正草案(川本さん編)」のお誘い »

妻への挽歌18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/65467212

この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌3585:「それ以上に楽しい何か」:

« ■節子への挽歌3584:輝いていた涙顔 | トップページ | ■第2回憲法サロン「私の憲法改正草案(川本さん編)」のお誘い »