« ■ワークショップ「大災害に備えるために~東日本大震災の実例から教訓を得る」報告 | トップページ | ■節子への挽歌3563:今日もしっかりと朝食を食べました »

2017/06/05

■節子への挽歌3562:家でのんびりしたかったのですが

節子
今日はたまった仕事を整理するために自宅でした。
節子も知っているように、私は何かデスクワークをする場合は、自宅で取り組みます。
湯島ではいろんな人が来ることもあって、まとまった仕事はできないからです。
ですから自宅にいる時の方が忙しいので、節子は最初理解デモクラシーができなかったはずですが、その内、それが普通なのだと思ってくれるようになりました。
まあ最近はそうでもなくなり、在宅していてものんびりすることは多いのですが、なぜ節子が元気だった時にそうしなかったのか、いまでは少し悔いています。
まあいまさら悔いたところで、何の意味もないことですが。

今日はいい天気だったので、思い立って、娘夫婦に連絡し、昼食を一緒にしました。
娘の連れ合いはイタリアンのトラットリアをやっていますが、今日はお休みなのです。
食事の後、娘家族はわが家に来ましたが、畑にハーブを植えたいというので、畑に行ってみました。
今年は一度も来ていなかったのですが、3年前の荒地に戻ってしまい、野草が覆い茂っていました。
それで、少し野草の刈り取りをしましたが、とても手が負えません。
しかし、私にとってはちょっといい汗仕事になりました。
空き地に家が建つ予定が噂されているので、今年は畑をやらないつもりだったのですが、家は建たないかも知れなくなりました。
さてどうしましょうか。
畑作業は楽しいのですが、半端でない大変さもあるのです。
娘たちはもちろん手伝ってくれませんので、やるとしたら一人ですが、その気力がなかなか戻ってきません。
やはり歳をとってきたのでしょう。
それにしても植物の成長力や生命力には驚くばかりです。

思い出して、がん宣告を受けた友人に電話しました。
元気そうですが、やはり気にはなっているようです。

のんびりしていると、いろんなことが気になります。
それではのんびりしていることにはなりません。
困ったものです。

テレビを見ると腹立たしいことばかりです。
自宅でのんびりするのも、あんまりいいものではありません。

|

« ■ワークショップ「大災害に備えるために~東日本大震災の実例から教訓を得る」報告 | トップページ | ■節子への挽歌3563:今日もしっかりと朝食を食べました »

妻への挽歌18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/65373950

この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌3562:家でのんびりしたかったのですが:

« ■ワークショップ「大災害に備えるために~東日本大震災の実例から教訓を得る」報告 | トップページ | ■節子への挽歌3563:今日もしっかりと朝食を食べました »