« ■節子への挽歌3606:今年初めてのミンミンゼミ | トップページ | ■節子への挽歌3607:人はなぜ死を恐れるのか »

2017/07/18

■最近体験したことですが

大企業の名前を冠したあるエネルギー関係のサービス会社から営業の電話がありました。
同社のサービスを受けると、電気代とガス代を合わせて、40%削減できるというのです。
あり得ない話なのですが、4割も安くなるという魔法の話を聞きたくなりました。
数日後に営業マンが説明に来ました。
おしゃれな靴を履いた今様の若い営業マンでした。
一生懸命に説明してくれるのでついつい聞いてしまいましたが、わが家の場合、実際にいくら節約できるかを計算するというのです。
わが家では電気代とガス代が、毎月15000円くらいかかっているようですが(実際にはもう少し少ないと思いますが)、新しいシステムにすると毎月6000円ほど安くなる可能性があるというのです。
私の感覚ではありえない話ですが、計算上はそうなるそうです。
もしそれが本当なら誰でもが新しいシステムに切り替えるでしょう。

ところが実は、新しいシステムを導入するには、イニシャルコストがかかります。
そして毎月安くなったお金をそれに回すと15年で回収できるのだそうです。
つまり、4割安くなった分をわが社でいただきますという話で、私には何のメリットもないのです。
しかも、安くなる金額は計算上のものであって、たぶん最大限に計算しているはずです。
その営業マンには、その趣旨を理解しているかどうか確認しましたが、彼はわかっていました。
彼はまじめそうな若者でしたが、これって理解しないで契約する人がいますよね、といったら、否定はしませんでした。
おれおれ詐欺とどこが違うのか、とまでは言いませんが、多くの高齢者は4割安くなると言われればついつい契約してしまうかもしれません。
ちなみにそれもあって、契約は69歳以下でないとできないので、私も娘に同席してもらいました。
娘は最初から否定的でしたが。
実はこういう話は頻繁に来ます。
ネット費用に関しては在宅していると週に1~2回、かかってきます。
面倒になって時々魔がさして契約してしまいますが、どう変わったのかよくわかりません。
その上、いま私は誰と契約しているのかさえよくわかりません。
そういえば、7月下旬に何とかのサービスは終わりますという手紙が来ていましたが、何が終わるのかもよくわかりません。
不都合が起こらなければいいのですが。
困ったものです。
はい。

|

« ■節子への挽歌3606:今年初めてのミンミンゼミ | トップページ | ■節子への挽歌3607:人はなぜ死を恐れるのか »

無駄話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/65550460

この記事へのトラックバック一覧です: ■最近体験したことですが:

« ■節子への挽歌3606:今年初めてのミンミンゼミ | トップページ | ■節子への挽歌3607:人はなぜ死を恐れるのか »