« ■節子への挽歌3658:人に会うのは「時期」がある | トップページ | ■節子への挽歌3660:死に喜びを、生に恐れを »

2017/09/09

■節子への挽歌3659:久しぶりに友人に会うと時の経過に気づきます

節子
Fさんがまた緊急入院です。
Mさんは元気そうでした。
いろいろと気になることは多いです。
私もちょっと疲労気味で、朝と昼に栄養ドリンクを飲んで何とか乗り越えました。
最近どうも疲れが抜けません。

気になることは多いですが、たとえ悪いニュースでも、届いているのは安心です。
一番気になるのは、届いていないニュースです。
便りがないのは良い便りというのは若い時の話で、私のような歳になると、そうも言っていられないのです。
だからと言って、連絡するのも正直ちょっと気が重いこともあります。
どうもそういう関係の人が増えてきてします。

自分自身についていえば、静かに退場していくのが理想です。
しかし、他者の葬儀には行けますが、自らの葬儀には参列できないので、自分も参列できる葬儀を、できればしたいと思っています。
それをいつすればいいかは難問です。

今日のサロンに10数年ぶり、もしかしたら20年ぶりくらいに来てくれた人がいます。
精悍になっていて、最初はちょっと思い出せないほどでした。
私はその分、衰えているのでしょう。
彼から変わらないですねと言われると、ついその気になってしまいますが、正直かなり変わっているはずです。
最近疲れが抜けないのが、そのことを物語っています。
自分では気づいていませんが、身心は順調に、終焉に向かって成長しているのでしょう。
抗うつもりはまったくないのですが、どこかでそれを受け容れられない自分がいるようです。
困ったものです。

明日の午前中の用事が延期になりました。
ほっとする自分に気づきます。
明日はゆっくりできそうです。

|

« ■節子への挽歌3658:人に会うのは「時期」がある | トップページ | ■節子への挽歌3660:死に喜びを、生に恐れを »

妻への挽歌18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/65770845

この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌3659:久しぶりに友人に会うと時の経過に気づきます:

« ■節子への挽歌3658:人に会うのは「時期」がある | トップページ | ■節子への挽歌3660:死に喜びを、生に恐れを »