« ■節子への挽歌3653:11回目の命日 | トップページ | ■節子への挽歌3655:相談を受けるよりも相談する相手が欲しいですが »

2017/09/04

■節子への挽歌3654:秋には一抹の寂しさがある。

節子
節子がいなくなってから11年目の始まりは、いささか不穏なスタートを切りました。
今朝、あることを思い出したのですが、確認したら私のとんでもないミスが発覚しました。
ここにはちょっと書きづらいのでやめますが、まあかなり大きなミスで、他者への迷惑も生じます。
早速に謝罪のメールを書きましたが、その咎は基本的には私自身にやってきます。
いかにも情けないスタートになりました。
先が思いやられます。
今日は朝から心穏やかではありません。
困ったものです。

晴れないのは私の心だけではありません。
今日は空がどんよりとしています。
昨日、友人から

9月に入ってしまいました。
やはり、この季節は何とはなしに一抹の寂しさを呼び覚まします。

というメールが来ました。
たしかにそうです。
秋には一抹の寂しさがある。
その寂しさを共有できる人がいれば、それは幸せにつながっていくかもしれません。
楽しさを共有するよりも、寂しさを共有するほうが、たぶん幸せであったかくなるでしょう。
もしかしたら、伴侶とは、そうした寂しさを温かさに変換する関係なのかもしれません。
節子がいない今は、寂しさを、ただ寂しさとして受け止めるしかありません。

不穏なスタートのためか、なにやら暗い挽歌になってしまいました。
青い空を見れば、気分は変わるのですが、あまり期待できそうな気配はありません。

|

« ■節子への挽歌3653:11回目の命日 | トップページ | ■節子への挽歌3655:相談を受けるよりも相談する相手が欲しいですが »

妻への挽歌18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/65749034

この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌3654:秋には一抹の寂しさがある。:

« ■節子への挽歌3653:11回目の命日 | トップページ | ■節子への挽歌3655:相談を受けるよりも相談する相手が欲しいですが »