« ■ソクラテスの嘆き | トップページ | ■節子への挽歌3670:人の人生は死で終わるのではない »

2017/09/22

■出会い頭にぶつかりそうになってヒヤリとした経験はありませんか

湯島サロンの仲間でもある小宮山さんの会社(コミー株式会社)はFFミラーという、一見すると凸面のミラーを感じさせる平板な広角ミラーをはじめとして、いろんなミラーを社会に提供しています。
しかし、ただミラーを売っているのではなく、自分の会社の技術や知恵を使って、たとえば衝突事故を減らすように、安全で安心して暮らせる社会に近づけたいと思っています。
そのコミーが、今日の日本経済新聞の朝刊に全面広告を出しました。
そして「出会い頭にぶつかりそうになって、ヒヤリとした経験」を募集しています。

ヒヤリ体験を集めて、そうしたことを防いでいくために自分たちにできることはないかという活動を始めたのです。

実は小宮山さんは、物理的な衝突だけを考えているわけではないような気がしています。
そのあたりは話し出すと長くなるのでやめますが、小宮山さんの世界は実に不思議なのです。
たとえば今回の広告の右下に、小宮山さんが作詞した「鏡の唄」が紹介されています。
いろんな歌のメロディに合わせて歌えます。
唄と衝突とどうつながるのか。

いつか湯島で小宮山さんにサロンをしてもらおうかと思っています。

それはそれとして、みなさん、ぜひ衝突ヒヤリ体験を応募してください。
社会をもっと安全で安心な世界にしていくために。

20170922

|

« ■ソクラテスの嘆き | トップページ | ■節子への挽歌3670:人の人生は死で終わるのではない »

お誘い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/65822977

この記事へのトラックバック一覧です: ■出会い頭にぶつかりそうになってヒヤリとした経験はありませんか:

« ■ソクラテスの嘆き | トップページ | ■節子への挽歌3670:人の人生は死で終わるのではない »