« ■見えないものを見ようとすることの大切さ | トップページ | ■制裁への逃走と「離見の見」 »

2017/10/06

■10月9日の午後、湯島で政治を考えるサロンをやります

政治の先がかなり変わってきました。
私の予想はいつも外れますので、見えてきたといえるかどうかわかりませんが。
しかし、小池さんの新党の実態がかなり見えてきたのはうれしいです。
小池さんは相変わらずチャーターメンバー(自分の子飼いメンバー?)に相談すると公言していますので、小池新党は「小池ファースト」であることはかなり明確になってきました。
前原さんは完全に枠外に置かれた消費的な存在です。
というか、前原さんは善意の人なのでしょうが、よくいわれるように、地獄への道は善意のじゅうたんで敷き詰められているのです。

私は、石破政権か小沢さんの傀儡政権ができると思っていたのですが、どうもいずれもはずれで、
もしかしたら枝野政権が出くのではないかと思い始めています。
いやそれは期待というべきでしょうが」
枝野さんは、原発事故の後の対応があまりにも悪かったので、その印象がなかなかぬぐえませんが、福山さんが幹事長になるのであれば、私には信頼感が高まります。
共産党も、いよいよ名前を変えるかもしれないという期待もあります。

まだいろんな進展がありそうです。
小池さんも小沢さんも、このままでは済まさないでしょう。
しかし、それもまた立憲民主党の風にしていければと思います。
国民の多くがちょっと目覚めるだけで、未来は大きく変わっていくでしょう。
ここは立憲民主党の風を吹かせたいです。
そうしないと日本は私にとってはますます住みにくくなるでしょう。

10月9日の午後、湯島で政治を考えるサロンをやります。
ぜひみなさん話に来てください。
希望の党支持者も、安倍政権支持者も、大歓迎です。
私はまったく支持しませんが、私が間違っているかもしれませんし。

亀井さんが引退しました。
引退会見での話は、実に亀井さんらしかったです。
片山さんはどう思っているのでしょうか。
亀井さんには会ったことは一度もありませんが、魅力的な政治家でした。

|

« ■見えないものを見ようとすることの大切さ | トップページ | ■制裁への逃走と「離見の見」 »

政治時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/65882507

この記事へのトラックバック一覧です: ■10月9日の午後、湯島で政治を考えるサロンをやります:

« ■見えないものを見ようとすることの大切さ | トップページ | ■制裁への逃走と「離見の見」 »