« ■節子への挽歌3709:死へのおそれが理解できません | トップページ | ■組織と個人の存立基盤を考える研究会スタート »

2017/12/03

■節子への挽歌3710:人生はいろいろ

節子
今日は日曜ですが、湯島に来ています。
私が好きな冬の青空がきれいです。
気になっている友人に電話しました。
一人は元気でしたが、一人はかかりつけのお医者さんの待合室でした。
今日は日曜日なのに、お医者さんはやっているのかと聞いたら、やっていてしかも混んでいるそうです。
メールした友人からは、これからコンサートに行くと返信がありました。

ちなみに3人とも私と同世代です。
同じ世代でも生き方や生活はいろいろです。
さらにちなみに、3人とも独り暮らしです。
人生はいろいろです。

来客が来るまでの時間、久しぶりにゆっくり外を見ていました。
あたかそうな日差しですが、外はかなり寒いです。
ビルの合間を数羽のカラスが、優雅に飛んでいます。
そういえば、このオフィスのベランダに昔はよくハトがやってきていました。
最近は姿を見かけません。
カラスに追い払われたのでしょうか。
それにしても滑空するカラスは美しいです。

この風景ももう30年近く見ていますが、だいぶ高層ビルが並んでしまい、空が小さくなってきています。
そろそろお客様が来るでしょう。
コーヒーでも淹れておきましょう。

今朝はうっかりして朝の挽歌をさぼってしまいました。
朝、パソコンをやらないというルールにしたら、そうなってしまいました。
人生はなかなかうまくいきません。

あ!
お客様が来たようです。
急いでアップしましょう。


|

« ■節子への挽歌3709:死へのおそれが理解できません | トップページ | ■組織と個人の存立基盤を考える研究会スタート »

妻への挽歌18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/66115926

この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌3710:人生はいろいろ:

« ■節子への挽歌3709:死へのおそれが理解できません | トップページ | ■組織と個人の存立基盤を考える研究会スタート »