« ■カフェサロン「病院の歴史から日本の医療を考える」報告 | トップページ | ■節子への挽歌3756:「羊たちの沈黙」 »

2018/01/22

■節子への挽歌3755:雪が降ってきた

節子
雪です。
大雪警戒が出ていたので、今日は出かけるのをやめてしまいました。
実は久しぶりの雪の中を出掛けたくて、埼玉に行く約束をしていたのですが、思いのほか、積もりそうになってきたので、延期させてもらいました。
朝からちらついていましたが、お昼過ぎから降りだし、いまはもう1~2センチ積もっています。
夜まで降っているそうですので、明日の朝は楽しみです。

昨日、わが家で集まりをやりました。
みんな節子の面識のない人たちばかりです。
最初に来たMさんが、今日は線香をあげさせてもらうと言ってくれたので、最初にやってきた2人の人も一緒に線香をあげてくれました。
そのうちのお一人は、挽歌のことを知っていて、読んでくださったようです。
初対面の人なのですが、なんとなくそれで親しさが生まれてしまいました。
挽歌を読んでくれた人には、私の本性はもう隠しようもありませんので、親しくならないわけにはいきません。
今朝、その人からも、「なんだか不謹慎ですが、雪が楽しみです」とメールが届きました。
ますます親しみを感じました。
私も雪は大好きで、雪が降ると会社を休んでいたほどです。
通勤が大変だからではなく、雪と付き合いたかったからです。

今日は、そんなわけで、朝からずっと自宅にいます。
めずらしくというか、学生のテキストを読んでいました。
政治理論のテキストです。
いつもとは違い、ノートを取りながら読みました。
久しぶりに勉強した感じです。
語り合える学友がいればもっと楽しいのかもしれません。
定年退職した友人知人が、大学に通いだすことが増えていますが、その気持ちがよくわかります。

さて朝からずっと読んでいたので、疲れ切りました。
相撲は見る気がしないので、テレビで映画でも見ようと思います。

雪はどんどん降っています。
さてさて明日はどうなっているでしょうか。

|

« ■カフェサロン「病院の歴史から日本の医療を考える」報告 | トップページ | ■節子への挽歌3756:「羊たちの沈黙」 »

妻への挽歌18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/66310079

この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌3755:雪が降ってきた:

« ■カフェサロン「病院の歴史から日本の医療を考える」報告 | トップページ | ■節子への挽歌3756:「羊たちの沈黙」 »