« ■節子への挽歌3749:独り寝の不安 | トップページ | ■節子への挽歌3750:怒りの矛先 »

2018/01/14

■第1回「茶色の朝」サロンの報告

20年前にフランスで出版されて「反ファシズムの寓話」と話題になった「茶色の朝」を読んで話し合う「茶色の朝」サロンの第1回目を開催しました。
予想をはるかに超えて、16人の人が集まりました。

「茶色の朝」の話は、「茶色のペット以外は飼ってはいけない」という法律ができたことから物語は始まります。
おかしいと思いながらも、いつの間にか世界は茶色で埋め尽くされていく、そんな話です
日本もそうなってきていないか、もしそうであればどうしたらいいかというのが、このサロンを始めた理由です。

サロンでは、まず各自から「茶色の朝」を読んでの感想を話し合いました。
立場によって、かなり感想が違う気がしたのと、まだ日本では「茶色の朝」への不安は、現実化していないのではないかという気がしました。
具体的な「おかしな体験や不安」がもっと出てくると思っていたのですが、あまりなかったのが意外でした。

女性の方から、自分の母親(なぜか父親ではなく母親でした)に、どうして戦争なんかしたのかと質問したことがある、という話がありました。
その答えは、わからないうちに戦争になっていたというようなことだったそうです。
1946年に書かれた映画監督の伊丹万作さんの文章を思い出しました。
「多くの人が、今度の戦争でだまされていたという。みながみなロを揃えてだまされていたという。私の知っている範囲ではおれがだましたのだといった人間はまだ一人もいない。」
まさに、それへの警告が「茶色の朝」の話だと思いますが、ある方が話したように、「ゆでガエル現象」が進んでいるのかもしれません。

子どもや家族のために、おかしなことへの異議や周囲とは違う異論もなかなか言えずに押さえてきたこともあるというような女性の発言もありました。
こう言う話はよく聞きます。
これもまた、「茶色の朝」と同じ思考に陥っているのかもしれません。
ちなみに、その方は今は自分の意見を言う生き方に変わっているようです。

海外生活が長かった男性の方が、数年前に日本に戻ってきたが、あまり「茶色の朝」のような状況は感じられないと話されました。
しかし、参加者の多くは、むしろなんとなく「茶色の朝」への懸念をお持ちの様でした。
でもそれがどうも形として見えていないのもまた事実のようです。

政治とは何かの話もちょっとだけ出ました。
「茶色の朝」は2つの政治を語っていると私は思っています。
これはこれからのサロンの中で少しずつ掘り下げたいテーマです。

最後に私から「ニーメラーの教訓」と稲垣えみ子さんが2年ほど前に朝日新聞に書いた「日常の生活が政治につながっている」という記事を紹介させてもらいました。
ニーメラーのことを知っている人が少なかったのは、私には衝撃的でした。

今回は予想以上に参加者が多かったこともあり、感想の紹介で終わってしまいました。
そこから、それぞれが感じている「ちょっとおかしいこと」や「気になること」をだしあってもらう予定でしたが、そこまでたどり着きませんでした。
そこで次回は、それをメインにサロンを開きたいと思います。
今回参加された方も、参加されなかった方も、ぜひご参加ください。

「茶色の朝」現象は、気づかないうちに私たちを虜にします。
ですから、できるだけたくさんの目と頭と感覚で話し合わなければいけません。
「気づかないうちに戦争がはじまっていた」というようなことを子どもたちや孫たちに言いたくはありません。

ちなみに、「茶色の朝」ですが、著者も訳者も、同書に関しての印税権を放棄し、ネットで公開しています。
次のサイトから本文をダウンロードできます。
http://www.tunnel-company.com/data/matinbrun.pdf

なお、休日は参加できないという方のために、同じサロンを次のとおり開催します。
もしお時間があればご参加ください。
今回は参加者が少ないので、「ちょっとおかしいこと」や「気になること」の話もできると思いますので、13日に参加した方もよかったらどうぞ。

○日時:2018年1月24日(水曜日)午後1時~3時
○場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
○内容(あくまでも目安)
  ・自己紹介を兼ねて、「茶色の朝」を読んで考えたことを各自発表
  ・「最近気になっていること」の自由な話し合い
  ・「茶色の朝」サロンをこれからどう続けていくかの話し合い
○会費:500円
〇申込先:佐藤修(qzy00757@nifty.com)

|

« ■節子への挽歌3749:独り寝の不安 | トップページ | ■節子への挽歌3750:怒りの矛先 »

政治時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/66276204

この記事へのトラックバック一覧です: ■第1回「茶色の朝」サロンの報告:

« ■節子への挽歌3749:独り寝の不安 | トップページ | ■節子への挽歌3750:怒りの矛先 »