« ■節子への挽歌3793:「もう時間がないのです」 | トップページ | ■佐川元理財局長の国会証人喚問報道に感ずること »

2018/03/27

■節子への挽歌3795:花見に行ったのに気が晴れません

節子
久し振りにあけぼの山公園の桜を見に行きました。
しばらく行かないうちに、なんだか桜の元気が衰えていました。
自然もまた、年々、変わっていることに気づきました。
なんとなく寂しさも感じました。

あけぼの山に隣接する農業公園は、チューリップが咲きだしていました。
この辺りは、節子と2人でよく来ました。
10年ぶりに歩いてみました。
大きくは変わっていないのでしょうが、私自身が大きく変わっているので、違う空間を歩いているような気もしました。
風景は心境によって違ったものになるようです。

今日は挽歌を少し書きこもうと思っていたのですが、帰宅して録画していたテレビの佐川さんの国会証人喚問を見ているうちに、やっぱりさびしくなって、また元気がなくなってしまいました。
私の元気なさは、節子のためだけではなさそうです。

ひどい世の中になった、とつくづく思います。
私も、節子も、嫌いな、嘘がはびこりだしました。
ホームページをはじめた15年ほど前に、予想した通りになってきました。
節子は、こんな社会を見ずにすんでよかったかもしれません。
こんな社会を嘆きあう伴侶がいないのが、一番さびしいです。

佐川さんのパートナーや家族を思うと、怒りよりも寂しさがつのります。
人は、どうしてこうも哀しい存在なのでしょうか。
節子が伴侶だったおかげで、私は自分を素直に生きてこれたことを感謝しなければいけません。
なんだかとても嫌な気分が残った証人喚問でした。

Akebono201803


|

« ■節子への挽歌3793:「もう時間がないのです」 | トップページ | ■佐川元理財局長の国会証人喚問報道に感ずること »

妻への挽歌18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/66544845

この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌3795:花見に行ったのに気が晴れません:

« ■節子への挽歌3793:「もう時間がないのです」 | トップページ | ■佐川元理財局長の国会証人喚問報道に感ずること »