« ■節子への挽歌3817:「神即自然」 | トップページ | ■節子への挽歌3819:節子がいたら、一緒に取り組めたかもしれない »

2018/04/19

■節子への挽歌3818:「フォースは我と共にあり、我はフォースと共にある」

節子
先ほどの挽歌で、「神は我と共にある」というようなことを書きました。
どこかで聞いたような言葉だなと思っていましたが、思い出しました。
映画「スターウォーズ」に出てきます。
「フォースは我と共にあり、我はフォースと共にある」。
2年前に封切られた「ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー」で、主役の一人の盲目の戦士が口にするセリフです。
それまでのスターウォーズでも、「フォースと共にあらんことを」というセリフは出てきていますが、この言葉は意味合いがかなり違います。
共にあることを確信しているのです。

この映画では、フォースと共にある主人公たちは、すべて人類を救うための使命を果たした後、自らの生命を失います。
しかし、それは瑣末な事かもしれません。
神と共にあるいのちであれば、それは「様態」を「変状」するだけのことですから。
死は恐れるに足りません。
恐れるべきは、フォースの外に出てしまうこと。
つまり、神の外に出てしまうこと。
フォースは、現世を超えているわけです。

とまあ、またわけのわからないことを書いてしまいましたが、最近は「大きないのち」とのつながりを実感できるようになってきました。
その分、もしかしたら現世への執着も薄れてきているのかもしれません。

今日はいい天気です。
青空の向こうに、彼岸を感じられます。

|

« ■節子への挽歌3817:「神即自然」 | トップページ | ■節子への挽歌3819:節子がいたら、一緒に取り組めたかもしれない »

妻への挽歌18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/66628781

この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌3818:「フォースは我と共にあり、我はフォースと共にある」:

« ■節子への挽歌3817:「神即自然」 | トップページ | ■節子への挽歌3819:節子がいたら、一緒に取り組めたかもしれない »