« ■節子への挽歌3840:鈴木さんがまたサンチアゴ巡礼に旅立ちました | トップページ | ■節子への挽歌3841:不安を呼び込むような雨風の朝です »

2018/05/02

■コムケアサロン「なぜ生きるのか」のご案内

「なぜ生きるのか」をテーマにしたサロンを2回開催しました。
参加者からの要望があったからですが、湯島のサロンとしてはちょっと異質なので、定例化はやめるつもりでした。
しかし、もう一度やろうと思い直しました。
そのきっかけは、鬼丸昌也さんの書いた「平和をつくる仕事にする」を読んだためです。
昌也さんの話は、昨年、友人たちから聞いていました。
残念ながら、その時はお会いできませんでした。
それで、昌也さんが書いた本が目にとまったので読んでみました。

昌也さんは、自分の行動は、「今、自分に何ができるのだろう」を考えることから始まった、と書いています。
私が人と会っている時に、いつも自問している問いかけと同じです。
すべてはそこから始まる。
そのことを、これまでの2回のサロンでも伝えてきたつもりですが、伝えたのではなく、そういう考えを発しただけだと気づきました。
そこで、もう一度、それを語り合うサロンを行うことにしました。
それぞれの人が、自分でできることを語るサロンです。
誰かに助けを求めるサロンではありません。
誰かを助けることのできる自分に気づくサロンです。

いつものように出入り自由ですので、途中からの参加も、途中での退出も歓迎です。
ご都合に合わせてご参加ください。

○日時:2018年5月15日(火曜日)午後6時半~8時半
○場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
○テーマ:「なぜ生きるのか/だれかの役にたつことを考える」
○会費:500円
○申込先:佐藤修(qzy00757@nifty.com)

|

« ■節子への挽歌3840:鈴木さんがまたサンチアゴ巡礼に旅立ちました | トップページ | ■節子への挽歌3841:不安を呼び込むような雨風の朝です »

お誘い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/66676456

この記事へのトラックバック一覧です: ■コムケアサロン「なぜ生きるのか」のご案内:

« ■節子への挽歌3840:鈴木さんがまたサンチアゴ巡礼に旅立ちました | トップページ | ■節子への挽歌3841:不安を呼び込むような雨風の朝です »