« ■節子への挽歌3856:畑のやぶの中から卵が見つかりました | トップページ | ■節子への挽歌3858:ドクダミ効果 »

2018/05/15

■節子への挽歌3857:ゾロアスター

節子
「先史学者プラトン」は、後半に入ったら、なにやら話が細かくなってきてしまい、退屈になってきたので後半は、200頁を一気に読み流してしまいました。
読むというよりも、見るという感じですが。
それでも今から75年ほど前に、ギリシアの遺跡とも見間違うようなチャタル・ヒュユクの遺跡の様子には、これまでの石器時代の認識が一変し、私の思っていた1万年前の世界のイメージがまんざらでもない気がしてきました。

最後に出てきたのが、ゾロアスターです。
ゾロアスターは気になる宗教です。

節子との最後の海外旅行はイランでした。
その時に、ゾロアスター教の拝火壇の廃墟の丘に登りました。
当時はまだゾロアスター教の知識も関心もほとんどなく、キリストが生まれた時になぜゾロアスター教の博士がお祝いに来たのかも、深く知りませんでした。
ニーチェがなんで、ゾロアスターなのだということも、興味を深めるまでには行きませんでした。
ただ何となく秘儀的な物に関心があっただけでした。

「先史学者プラトン」を読んで、改めてゾロアスター教に関心が出てきました。
著者によれば、先史時代に大きな役割をはたしたもののようです。
つまり人類の発展の方向に影響を与えた可能性があるわけです。

火はふしぎなものです。
毎朝、ロウソクを上げながら、そう思います。

Zoro1


Zoro2


Zoro3


|

« ■節子への挽歌3856:畑のやぶの中から卵が見つかりました | トップページ | ■節子への挽歌3858:ドクダミ効果 »

妻への挽歌18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/66722220

この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌3857:ゾロアスター:

« ■節子への挽歌3856:畑のやぶの中から卵が見つかりました | トップページ | ■節子への挽歌3858:ドクダミ効果 »