« ■節子への挽歌3859:畑の竹やぶがようやく刈り取れました | トップページ | ■「先史学者プラトン」は世界を広げてくれます »

2018/05/17

■節子への挽歌3860:花は、不思議な力をもっています

節子
ユリの香りが届いていますか。
先日の母の日に、ジュンが大きなユリを届けてくれました。
ユリは、私も節子も大好きです。
特にその香りが2人とも好きでした。
わが家の仏壇にはお盆でも仏花は供えません。
葬儀の時にも、できるだけ仏花的でないものをと頼んだのですが、ダメでした。
ですから、その後も基本的には華やかで明るい花を選びます。
実はいつも命日に節子の友人たちが花を送ってくれるのですが、その時だけはちょっと気が重いのですが、ちょっと仏花的になってしまいます。
そうした気持ちはなかなか伝えるのが難しいです。
人に花を送るのは難しいものです。

私も以前、一度だけ、お花を持っていったことがあります。
大宰府に住んでいる、節子も知っている若い女性が亡くなったのですが、そこに花を持って行ったのです。
花選びがこんなに大変なことなのだということを、その時初めて知りました。
たぶん私が自分で選んでアレンジしてもらった、最初にして最後の花束でした。
節子には、ついに花束を送ったことはなかったのですが、いまは位牌の前に置く花は、それなりに気を付けています。
まあ実際に買ってくるのは娘たちですが、ふたりとも私たちの好みをよく知ってくれています。

玄関のバラが満開になりました。
節子の時代に比べれば、半分以上ダメにしたと思いますが、庭もだいぶ花が咲きだしました。
花が咲くと、やはり心が明るくなります。
花は、不思議な力をもっています。

Bara_2


|

« ■節子への挽歌3859:畑の竹やぶがようやく刈り取れました | トップページ | ■「先史学者プラトン」は世界を広げてくれます »

妻への挽歌18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/66730656

この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌3860:花は、不思議な力をもっています:

« ■節子への挽歌3859:畑の竹やぶがようやく刈り取れました | トップページ | ■「先史学者プラトン」は世界を広げてくれます »