« ■節子への挽歌3882:平和で豊かで、知的で快適な暮らし | トップページ | ■節子への挽歌3884:〈ないもの)から、〈あるもの)が生まれた »

2018/06/02

■節子への挽歌3883:いささか畑をがんばりすぎてしまいました

節子
今日は少し頑張りすぎてしまいました。
夕方も2時間近く畑に行っていましたが、さすがに疲れてしまいました。
笹の根っこを深くから切り取る作業はかなり力が必要です。
そのために、右手がかなりダメッジを受けてしまい、手が使えなくなってしまいました。
また座って作業するので、脚が疲れて、階段をのぼるのさえつらいです。
疲れ切ってしまい、ダウンです。
私はどうも無茶をやる習癖があるので、時にこうなります。
困ったものです。

畑面積や花壇面積はかなり広くなりました。
また種や苗を買ってこなくてはいけません。
今年は収穫よりも、野菜や花で埋め尽くすのが目的です。
野菜や花が育ってくれば、野草や笹は遠慮してくれるでしょう。
もちろん私が抜いたり刈り取ったりするわけですが。

昨日も今日も畑仕事中心だったので、他には何もしていない気がします。
何か大事なことを忘れているような気もしますが、まあ今は畑が最重点課題なのです。
庭の乱雑さにも構ってはいられません。
梅雨入りする前に、基礎をつくっておかないと、元の木阿弥になりかねないからです。
自然の成長力は侮れないのです。

さて明日はどうしましょうか。
月命日なので、お墓にも行こうと思いますが、今夜休んだら、身体の疲れは直るでしょうか。
お風呂に入って、今日は9時過ぎには就寝です。
お風呂の中で眠らないようにしなければいけません。

|

« ■節子への挽歌3882:平和で豊かで、知的で快適な暮らし | トップページ | ■節子への挽歌3884:〈ないもの)から、〈あるもの)が生まれた »

妻への挽歌18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/66787206

この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌3883:いささか畑をがんばりすぎてしまいました:

« ■節子への挽歌3882:平和で豊かで、知的で快適な暮らし | トップページ | ■節子への挽歌3884:〈ないもの)から、〈あるもの)が生まれた »