« ■節子への挽歌3939:暑さが嫌になってしまうとは、私も老いてしまいました | トップページ | ■節子への挽歌3940:念願のサンダル出勤 »

2018/07/14

■死を分かち合うよりも生を分かち合いたい

今朝のテレビで、5人の人が一室で練炭自殺をしたことが報道されていました。
死を分かち合えるのであれば、もっと豊かな生も分かち合えたはずです。
とても残念でなりません。
湯島に来てくれていたら、という気がちょっとしますが、私自身、最近はそうした気力がちょっと萎えてきています。
分かち合うことは、それなりにエネルギーが必要ですから。
しかし、死を分かち合うくらいなら、取り組んでみる価値はある。
それに、生を分かち合うことができれば、死への誘惑から抜け出せるかもしれません。

7月22日と27日に湯島で「生きる」につながるサロンをやります。
湯島に来たことのない人も歓迎です。
8月6日には、分かち合う場のない人をイメージして始めた縁カフェもあります。
またできれば、8月のどこかで、死よりも生を分かち合うことを目指すサロンをやろうと思います。
生を分かち合うことを目指せば、きっと人生は開けます。
そう思って、私はいま生き続けています。

|

« ■節子への挽歌3939:暑さが嫌になってしまうとは、私も老いてしまいました | トップページ | ■節子への挽歌3940:念願のサンダル出勤 »

お誘い」カテゴリの記事

生き方の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/66938456

この記事へのトラックバック一覧です: ■死を分かち合うよりも生を分かち合いたい:

« ■節子への挽歌3939:暑さが嫌になってしまうとは、私も老いてしまいました | トップページ | ■節子への挽歌3940:念願のサンダル出勤 »