« ■節子への挽歌3949:実に暑いです | トップページ | ■節子への挽歌3951:まあ、いいか! »

2018/07/19

■節子への挽歌3950:ギョっとしたニュース

節子
昨日、挽歌を書いた後、畑に行きました。
右田がかなりひどくなっていて、このままだと回復不能かも知れないので、無理をしないで、ただ水をやりに行ったのです。
夏大根の種を持っていくとまた作業になりかねないので、作業セットは持たずに、しかもサンダルを履いて出かけました。
水をたっぷりやった後、ふと見ると、時々使う鍬がころがっていました。
収納場所がないので、農具は使った後、そこに置きっぱなしなのです。
鍬を見たらなんとなく耕したくなりました。
野草を刈り取ってもすぐ出てきます。
耕せば状況は変わります。
ですから耕すのがいいのですが、何しろここは「農地」ではないので、耕すのは大変なのです。
少し耕していたら、ユカから電話です。
テレビで我孫子市の75歳の男性が畑で熱中症で亡くなっていたことが報道された、というのです。
一瞬、娘が私が死んでいることを教えてくれてきたのかと思ったのですが、年齢が違うので私のことではないようです。
2人目にならないように帰って来いということです。

帰ったら、またテレビのニュースで報道されていました。
我孫子、畑仕事、熱中症、高齢者、まさに私の条件に会います。
もしかしたら私だと思っている人もいるのではないかと思い、フェイスブックで私はありませんと書き込みました。
早速、書き込みがありました。


私も今、ニュース見て、ギョッとして、佐藤さんのプロフィールで誕生日を確認して年齢を計算して胸をなでおろしたところでした。
陰ながら心配してるので、無理はしないでください〜^_^。

どうも私は、「陰ながら心配させている」ようです。
困ったものですが、私の行動はそんなには無理をしていない、普通の生き方なのですが、時代には合わなくなってきているようです。
高齢者は高齢者の生き方をしなくてはいけません。
でもまあ、「心配をかける」のも社会に役立つ行為でしょう。
これも一種のボランティア活動です。
やはりこれまで通り、私にとっての普通の生き方をしようと思います。

それで今朝も畑に行ってきました。
しかしやはり手の痛みはさらに悪化しています。
昨日の残りを少し鍬で耕しましたが、いつもより疲労感があります。
2日目になるのは、いまは避けたいので、1時間ほどで帰ってきました。
作業よりも、まあ畑に居ただけというべきですが。

帰宅して血圧を測ったら、なんと127/79です。
こんな数字ははじめてです。
喜ぶべきか心配するべきか。
いずれもやめて、シャワーを浴びて、いつもながらの朝食を食べました。
今日も暑いようです。

|

« ■節子への挽歌3949:実に暑いです | トップページ | ■節子への挽歌3951:まあ、いいか! »

妻への挽歌18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/66956666

この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌3950:ギョっとしたニュース:

« ■節子への挽歌3949:実に暑いです | トップページ | ■節子への挽歌3951:まあ、いいか! »