« ■節子への挽歌4077:お正月の準備をしました | トップページ | ■ 年のはじめに »

2018/12/30

■節子への挽歌4077:東尋坊のお餅

節子
今年もまた、東尋坊の茂さんからお餅が届きました。
節子との最後の旅行は福井県の芦原温泉でした。
その途中に東尋坊に寄った時に、偶然にも茂さんと川越さんに会ったのです。
それで茂さんたちのお餅もご馳走になりました。
そんなこともあって、節子がいなくなってから、茂さんの思いを実現するためにささやかな協力をしてきました。
茂さんたちは、東尋坊で自殺防止のための見回り活動をしているのですが、今年も30人以上をケアしたそうです。

電話をしました。
茂さんも川越さんも、いつものように元気な声でした。
節子がいたら、また東尋坊に行けたのですが、なかなか東尋坊に行く機会はやってきません。
茂さんたちにも3年ほど会っていませんが、来年は会いたいものです。

東尋坊で毎年、茂さんたちがみんなで一緒についたお餅はとてもおいしいのです。
豆餅やエビ餅やいろいろとありますが、どれも天下一品です。
茂さんたちの、思いがこもっているからです。

思いがこもるとなんでもおいしくなります。
早速に豆餅をいただきました。
節子にも供えさせてもらいました。

|

« ■節子への挽歌4077:お正月の準備をしました | トップページ | ■ 年のはじめに »

妻への挽歌18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/67538573

この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌4077:東尋坊のお餅:

« ■節子への挽歌4077:お正月の準備をしました | トップページ | ■ 年のはじめに »