« ■節子への挽歌4093:風邪がかなり重症です | トップページ | ■節子への挽歌4095:意を決して湯島に出かけます »

2019/01/22

■節子への挽歌4094:1日寝ていました

節子
今日は1日中寝ていました。
途中、娘家族がやってきましたが、風邪がうつるといけないので、孫は部屋に入らずに遠くからあいさつ。
孫は私のことを「おしゃむさん」と呼びます。
先日、上の娘とスーパーに行ったら、遠くから大きな声で「おしゃむしゃ~ん」という声がして、孫がとんできました。
でも今日は、風邪のために遠くからの声掛けでした。
いつもは自宅にいる時には携帯電話は持ち歩かないのですが、今日は、娘との連絡のために枕元に置いておきました。
そのため何回か電話に出ましたが、声がおかしいので、すぐに風邪だと伝わり、長電話はありませんでした。

節子は私が風邪をひくといろいろと面倒を見てくれました。
そのおかげで、今は娘が面倒を見てくれます。
当分頭が上がりません。

ちょっと気になるのは、身体の自由があまり聞かなくなっていることです。
起き上がるのにも苦労します。
急に筋力がなくなるというようなことはないでしょうが、寝ている状態から上半身起き上がるのに、1分近くかかるのです。
身体のありがたさなどあまり意識したことはありませんが、普段なんでもできていることができなくなると、大変です。

寝ていても退屈なので、テレビを移したら映像が映りません。
風邪にために私の電磁波が弱まっているからでしょうか。
それでアンテナを接続したのですが、やはり移りません。
私の身体もかなり老朽化してしまってきたようです。
1日、寝ていたぐらいではダメなようです。

|

« ■節子への挽歌4093:風邪がかなり重症です | トップページ | ■節子への挽歌4095:意を決して湯島に出かけます »

妻への挽歌18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌4094:1日寝ていました:

« ■節子への挽歌4093:風邪がかなり重症です | トップページ | ■節子への挽歌4095:意を決して湯島に出かけます »