« ■節子への挽歌4092:魂のかがやき | トップページ | ■節子への挽歌4094:1日寝ていました »

2019/01/22

■節子への挽歌4093:風邪がかなり重症です

節子
風邪がかなり重症です。
というよりも、身体に力が入らずうまく歩けない。
猿の歩き方と似てきています。
昨日はうまく歩けずに廊下で倒れてしまい、会談に顔をぶつけてしまいました。
老化というのはこういうことなのでしょうか。
昼間は畑で土を耕していたんですが、困ったものです。

昨夜は7時に就寝、今朝はつい今しがたまで寝ていました。
熱は下がりましたが、だるさは変化なし。
昔からそうなのですが、私が一番苦手なのが「風邪」なのです。
心身の違和感がどうしようもなく、不快なのです。
痛みはある程度我慢できても、違和感はどうしようもない。

さて大事を取って、また寝ます。

|

« ■節子への挽歌4092:魂のかがやき | トップページ | ■節子への挽歌4094:1日寝ていました »

妻への挽歌18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌4093:風邪がかなり重症です:

« ■節子への挽歌4092:魂のかがやき | トップページ | ■節子への挽歌4094:1日寝ていました »