« ■原発の対価 | トップページ | ■節子への挽歌4142:同世代の人たち »

2019/03/17

■節子への挽歌4141:畑を耕してきました

節子
昨日は、徹底的にのんびりしました。
そのおかげか、今日はちょっと元気でした。
それでユカにも手伝ってもらって、畑を少し耕してきました。
畑仕事の嫌いなユカがめずらしく手伝ってくれたので、ちょっといい畑仕事ができました。
畑仕事は、独りでやるのと二人でやるのは全く違います。

しばらく行っていなかったので、収穫すべき野菜はみんな花を咲かせていました。
ブロッコリーの花をはじめてみましたし、キャベツも花を咲かせていました。
なぜかキャベツは丸くならずに開いていました。

放っておいたらすぐに野草に覆われるところを、鍬と鎌とで畑にし、そこに家で目を出していたじゃがいもとニンニクを植えました。
どうせ労力を使うなら、きちんとした苗を買ってきた方がいいのですが、最近、いつも苗を買っていたお店が閉店してしまったのです。
それもあって、自宅のものを使ってしまいました。

昨年植えていた蕗やミョウガの芽が出てこないのが残念ですが、少しずつ畑らしくなってきました。

花壇のチューリップのだいぶ伸びました。
なぜか同じ時期に植えたフリージャの芽が出てこないのですが、まだ諦めることはないでしょう。
今日の畑は、とても春を感じました。
腰の痛みはだいぶ治りましたので、もう大丈夫でしょう。

節子にはまだ勝てないでしょうが、だいぶ作業も手馴れてきました。

Nabana190317_2


Buro190317


Tulip190317


|

« ■原発の対価 | トップページ | ■節子への挽歌4142:同世代の人たち »

妻への挽歌18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌4141:畑を耕してきました:

« ■原発の対価 | トップページ | ■節子への挽歌4142:同世代の人たち »