« ■節子への挽歌4171:「受け身こそ最強の主体性」 | トップページ | ■節子への挽歌4172:天に応じてありのままの持ち前を生きる »

2019/04/07

■節子への挽歌4172:餓死しそうな1日でした

節子
今日もまたお昼を食べそこないました。
まあよくあることですが、さすがに疲れました。

昨夜、急に呼び出され、朝から湯島でした。
認知症予防ゲームの解説DVDを制作しているのですが、制作メンバーがどんどん深みにはまって、なかなか進みません。
私はあまり深入りしていないのですが、中心の3人は大変な様子です。
それで時々呼び出されるのですが、また急な呼び出しです。

朝、用事があったので行きたくなかったのですが、みなさんの頑張りを知っている以上、放置もできません。
なんとか方針を決定しているうちに、サロンの人たちが集まりだしました。
そのため今日もまた昼食なし。

まあ昔はこういうのが毎日でしたが。

サロンはとてもいいサロンですが、私はおなかが減ると話したくなるタイプなので、また今日も少し話しすぎていささか自己嫌悪に陥りました。

サロン終了後、2.3打ち合わせをして、DVD制作チームに電話したら、まだ近くの喫茶店で作業をしているというのです。
また延びたら大変なので、残っていた1件の打ち合わせを伸ばしてもらい、喫茶店に駆けつけました。
着いたらほぼ終わっていましたので、雑務を済ませて、帰宅しました。
作業ではなくても、まあいろいろとやらなければいけないことはあるのです。

空腹で倒れそうになりながら帰宅。
考えてみると、昔はこういうことがよくありました。
どうしてこういう生き方になじんでしまったのでしょうか。

頑張って仕事をしているのに、どうしてお金をもらえずにお金がかかるのかと、最初のころ、節子が不思議がっていたのを思い出します。
そうしたことのおかげで、いまの生き方ができるようになったのですが、そろそろ自重したほうがいいかもしれません。
帰路に空腹で転倒などということになるといけませんし。

困ったものです。

|

« ■節子への挽歌4171:「受け身こそ最強の主体性」 | トップページ | ■節子への挽歌4172:天に応じてありのままの持ち前を生きる »

妻への挽歌18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌4171:「受け身こそ最強の主体性」 | トップページ | ■節子への挽歌4172:天に応じてありのままの持ち前を生きる »