« ■湯島サロン「憲法ってなんなのだろうか」のご案内 | トップページ | ■節子への挽歌4178:タケノコ三昧 »

2019/04/10

■節子への挽歌4177:人生は「小説より奇なり」

節子
人の人生は実にさまざまで、まさに「小説より奇なり」です。

最近音信が途絶えた友人(Aさん)がいます。
先日、そのAさんを介して知り合った、別の友人(Bさん)にお会いしたのですが、共通の友人であるAさんのことが話題になりました。
あまり詳しくはかけませんが、私もBさんも、Aさんからちょっと迷惑をこうむっていたのです。
そして、それぞれに音信がなくなったというわけです。

BさんはAさんに関して、子ども時代のことをよく知っています。
それで、お会いした時に、Aさんの昔の話を聞かせてもらいました。
私が全く知らなかった話です。
どんな話なのかは、伝聞なので書けませんが、もしそれが本当であれば、まさに「小説より奇なり」の話です。
いや、松本清張の小説のような話ともいえます。

私のところにはいろんな人が来ますから、そうした話はこれまでもありました。
大麻やヤクザの世界にかかわる話もありましたし、かなりの被害にあったこともあります。
最近はもう忘れられていますが、M資金に関わる話もあれば、清王朝につながる話までありました。
長く生きているといろんなことがあります。

きれいに整理された表面の裏に隠されている、どろどろした現実を垣間見ることも、いろいろとありました。
私が生きてきたのは、日本の社会が大きく変わってきた、そういう時代だったのです。
今ほど、現実と表面がきれいに分離されてはおらず、どこかでつながっていたといってもいいでしょう。
面白い時代でもあり、哀しい時代でもありました。

もちろん今も「飢餓死」や「不審死」はあります。
しかし、それもこれも、特別の「事件」として処理されますが、私が子どものころは、まだ日常生活につながっていたように思います。
そういう時代を生きてきたおかげで、取り繕われた「きれいな」今の社会にはリアリティを感じないのです。
創られた人生を生きていかないと、生きづらいというおかしな社会。
もっと素直な自分を堂々と生きればいいと、思っていましたが、先日、Aさんの話を聞いてから、そうできない人がいた時代と今とどう違うのかが、わからなくなってきました。

イリアスの時代のギリシア人には「生命」は宿っていても、「心」はなかったと思っていましたが、「心」が宿るとともに、「生命」が失われてきたのかもしれません。
少し私も、考え直さなければいけないようです。

数日前に聞いたAさんの物語が、どうも心を離れません。
Aさんにはだまされて被害を受けたと思っていましたが、彼女は真剣に生きていたのかもしれません。
一度見た彼女の「荒れた様子」に、それが現れていたのかもしれません。

今日はおかしなことを書いてしまいました。
Aさんのことは節子も知っていますが、節子はどう感じていたか訊きたかったです。

人生はまさに「小説より奇なり」です。

 

|

« ■湯島サロン「憲法ってなんなのだろうか」のご案内 | トップページ | ■節子への挽歌4178:タケノコ三昧 »

妻への挽歌18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■湯島サロン「憲法ってなんなのだろうか」のご案内 | トップページ | ■節子への挽歌4178:タケノコ三昧 »