« ■節子への挽歌4190:金目鯛の活き作り | トップページ | ■節子への挽歌4192:時間から解放されるだけで人生は豊かになる »

2019/04/18

■節子への挽歌4191:芦ノ湖のカフェでケーキセット

この旅行は観光目的ではないので、翌日も予定が全く決まっていません。
しかし箱根に来たのだから上には上がろうかということになりました。
ともかく予定は全くない。
チェックアウトを終わったところに、旅館を経営している社長が来て、喫茶店に案内してくれました。
いとこの教え子なのです。
このままここで1日過ごしてもいい気もしましたが、まあともかく上に上がろうということになりました。

登山鉄道やケーブルは混雑が予想されるので、バスを利用することにしました。
大涌谷も考えましたが、まだ噴火がつづいていて、老人なので火山ガスで体調を崩してもいけないので(まあめんどくさかっただけですが)降りるのはやめて、そのまま箱根園まで行ってしまいました。
そこで、芦ノ湖プリンスホテルのカフェでコーヒーを飲もうということになりました。
ここにもいとこの教え子がいるのです。
学校の先生はうらやましいです。
しかし、残念ながらこの4月に下田プリンスホテルに転任していて会えませんでした。

老人男性4人で、美味しいコーヒーと華やかなケーキをいただきました。
とてもおいしいコーヒーでしたし、ケーキもとてもおいしかったです。
居心地のいいカフェだったので、もう動くのが嫌になりました。
そこでまたいろんな話をしました。
やはり場所によって、出てくる話題は違います。

話しているうちに、観光船に乗ったりケーブルカーで駒ヶ岳に登ったりする気はみんな消えてしまい、ここで話して、そのまままた下に戻ろうということになりました。
なにしろ、予定は全くなく、時間も適当です。
こういう無駄な旅はいいものです。

しかし考えてみると、昨日の午後からずっと4人で話し続けている。
よくまあ話題があるものです。
人間は「話す動物」であると改めて感心します。

 

|

« ■節子への挽歌4190:金目鯛の活き作り | トップページ | ■節子への挽歌4192:時間から解放されるだけで人生は豊かになる »

妻への挽歌18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌4190:金目鯛の活き作り | トップページ | ■節子への挽歌4192:時間から解放されるだけで人生は豊かになる »