« ■節子への挽歌4259:ようやく東寺展に行けました | トップページ | ■節子への挽歌4261:また少し自殺問題に関わることになってしまいました »

2019/05/25

■節子への挽歌4260:密会?

節子
久しぶり「密会」しました。
まあそういえるかどうかは疑問ですが。

私のフェイスブックの記事に関して、ある人から個人的にコメントをもらいました。
私の知っている、地元の人からです。
それで一度詳しく話を聞きたいと思い、会いたいと連絡し、会うことになりました。

ところが、指定された場所が手賀沼公園のベンチでした。
夕方の時間でしたので、レストランを提案したのですが、目立たないところがいいというのです。
まあなんとなく理由はわかりました。

それで昨日の6時半ころから、近くの誰もいなくなった手賀沼公園の水辺のベンチで会いました。
夕陽を映す湖畔がきれいでした。
近くに誰もいない場所を選んで座りました。
なんだかドラマのような話でしょう。
まさに密会、と言う感じです。

そういえば、以前一度こういう体験をしています。
ある人からご自分の見つけた新技術のことでの相談を受けました。
指定してきたのが、あるところの喫茶店でしたが、そこの奥の目立たない場所でした。
周辺を気にしている様子がいかにも印象的だったので、話の内容は覚えていませんが、その様子は記憶に残っています。

その人とはしばらくして連絡がつかなくなりました。
念のために言えば、その人はその分野では有名な人で、大学教授でもありましたが、その技術開発後、人生が大きく変わったようです。
一部で、あの人は利権の世界から「消された」と言ううわさも流れました。

密会は、このようにドラマにつながりますが、今回の「密会」は残念ながら平和なものでした。

夏のように暑い日だったので、Tシャツで出かけましたが、7時を過ぎると湖畔はさすがに寒さを感ずるようになりました。
というわけで、突然、トイレに行きたくなって、唐突に密会を終わらせてもらいました。
幸いに、近くの図書館のトイレにかろうじて間に合いましたが、最近、突然、尿意を催し、困ることがあります。
困ったものです。
そんなわけで、シリアスなドラマではなく、喜劇のような密会になってしまいました。

帰宅途中で近くの奥さんに会いました。
暑いですね、といわれましたが、いえ寒いですとは言えずに、そうですね、と嘘を言ってしまいました。
嘘をつかずに生きることは難しい。

ところで、「密会」の成果ですが、考えの違いは解消されてはいませんが、たぶん理解しあえたと思います。
もうひとつ思わぬ「成果」もありました。
それが実現するかどうかは、かなり先にならないとわかりませんが、また一つ課題をもらった気がします。

人に会うと、これだから困ります。
現世滞在をもう少し延ばすことになるかもしれません。
なかなか節子に会えません。

 

|

« ■節子への挽歌4259:ようやく東寺展に行けました | トップページ | ■節子への挽歌4261:また少し自殺問題に関わることになってしまいました »

妻への挽歌18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌4259:ようやく東寺展に行けました | トップページ | ■節子への挽歌4261:また少し自殺問題に関わることになってしまいました »