« ■節子への挽歌4263:いつも最後の場と考えて人と付き合いたい | トップページ | ■節子への挽歌4265:今日は無為のお休み日にしました »

2019/05/27

■節子への挽歌4264:「まさかのおさむ」

節子

昨日は真夏のような暑さでした。
湯島天神は春の例大祭でしたが、私は葬送シリーズのサロンをやっていました。

帰りに湯島天神に寄りましたが、暑さのせいか、あまり混んではいませんでした。
節子とよく来ていたころに比べると、湯島天神もだいぶ変わりました。
ユカも一緒だったので、いつものように不忍池を通って、上野に出ようかと思いましたが、あまりの暑さにやめました。
そういえば、湯島から上野に向かう裏道もかなり様子は変わってきています。
節子と立ち寄ったお店もだいぶなくなってしまいました。

それにしても暑くて、もう歩いているだけでも疲れます。
しかし、これは暑さのせいだけではないことに気づきました。
歳をとると「生きているだけでも疲れる」のです。
それを忘れるために、認知力を低下させる。
つまり、認知症は生きるための自己防衛策なのではないかと思います。
だとしたら素直に受け入れなければいけません。

2月から取り組んでいた「認知症予防ゲーム」のDVDが完成しました。
中心になった人が頑張ったので、とてもいいものができましたが、あんまり頑張ったので、私は途中で脱落しました。
しかし動画の中には私も出ています。
節子が見たら、「まさかのおさむ」だと笑うことでしょう。

「生きているだけでも疲れる」などというのを聞いたら、やはり「まさかのおさむ」と思うでしょう。
最近、「まさかのおさむ」が増えてきています。

成長したのか、脱落したのか。
「本来のおさむ」なら、「成長」に決まっているというでしょうが、最近はそうも言えなくなっています。
困ったものです。

さて今朝も畑に行こうと思います。
熱中症を計画して、ちょっとだけ。

 

|

« ■節子への挽歌4263:いつも最後の場と考えて人と付き合いたい | トップページ | ■節子への挽歌4265:今日は無為のお休み日にしました »

妻への挽歌18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌4263:いつも最後の場と考えて人と付き合いたい | トップページ | ■節子への挽歌4265:今日は無為のお休み日にしました »