« ■湯島サロン「過労死問題が問いかけるもの」報告 | トップページ | ■節子への挽歌4230:孫が3歳になりました »

2019/05/09

■節子への挽歌4229:シジフォスの気分

節子

老化に続いて、またいささかの弱音を。
最近、物事の処理能力が落ちています。
節子がいたころは、たぶん自分でも面白いと思うほど、いろんなことが処理できましたが、最近はなかなかそうもいきません。
そのくせ、いろんなことをやりたくなるのは以前と同じです。
そのため、やってもやってもいつも課題の量が減っていかないのです。
とりわけ速度が遅くなったのがネット対応かもしれません。

いまどうしようもなく滞っているのがホームページの更新作業です。
こまめにきちんと毎週更新していれば、こうはならなかったのですが、すでに半年ほど作業がたまっているところがあります。
これだけたまるとやる気も起きてこない。

この挽歌もそうです。
番号を追いつこうと頑張っていますが、なかなか追いつけません。
まだ30くらい遅れているようです。
毎日誠実に生きていれば、こういうことにはならないのでしょう。

シジフォスとは違いますが、なんだか気分はシジフォスです。
頑張ってもまた同じ繰り返しをしなければいけない。

さていつ解放されるでしょうか。
解放されるまでは、どうも気分がすっきりしません。

 

|

« ■湯島サロン「過労死問題が問いかけるもの」報告 | トップページ | ■節子への挽歌4230:孫が3歳になりました »

妻への挽歌18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■湯島サロン「過労死問題が問いかけるもの」報告 | トップページ | ■節子への挽歌4230:孫が3歳になりました »