« ■節子への挽歌4275:室内でカマキリが孵化したようです | トップページ | ■節子への挽歌4277:善悪が分かりにくい社会になりました »

2019/06/02

■節子への挽歌4276:我孫子まちづくり編集会議がゆっくりテイクオフできそうです

節子

我孫子まちづくり編集会議の定例会でした。
今回、新たに3人のメンバーが参加されました。
手賀沼の見える水の館でミーティングを開きました。
意識も少しずつそろいだしてきたので、そろそろ組織化に向けて動き出そうと思います。

Img_20190602_145428

今日は飛び入りに近い人が参加されました。
会社の経営者でありながら、俳優業もやっているという、実に魅力的な人です。
初対面でしたが、すっかり親しくなったような気がする人でした。
手賀沼でねぶた祭りをやりたいという思いをお持ちのようです。
実にいい。
2年以内に実現してほしいと頼みました。
私が逝く前に、です。

取手の長禅寺を起点とした新四国相馬霊場八十八ヶ所を歩いてみようというプロジェクトも始まるかもしれません。
ゆっくりと進めてきた甲斐がありました。

 

|

« ■節子への挽歌4275:室内でカマキリが孵化したようです | トップページ | ■節子への挽歌4277:善悪が分かりにくい社会になりました »

妻への挽歌18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌4275:室内でカマキリが孵化したようです | トップページ | ■節子への挽歌4277:善悪が分かりにくい社会になりました »